水疱瘡の予防接種で帯状疱疹を予防しよう!料金 副作用 妊娠は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 423

50代以降に多いとされる、帯状疱疹
a1180_010850
20代や30代でも、帯状疱疹になる人は多いんですよ。

じつは、原因となるウイルスは水疱瘡と同じウイルスです。

ですから、水疱瘡の予防接種をすれば、帯状疱疹の予防にもなるんですね。

この記事では、水疱瘡の予防接種の
料金、副作用、その他の注意点などをまとめています。


スポンサード リンク



 

帯状疱疹と水疱瘡の関係は?

あなたはすでに読まれたと思うので
帯状疱疹の基本情報については、ここでは触れません。

※まだ読んでいないかたは、必ず読んでおいてくださいね。
⇒帯状疱疹の初期症状は?うつる?原因と予防は?

帯状疱疹の発症の仕組みを簡単に復習しておくと…

水疱瘡(みずぼうそう)ウイルスに感染する。

水疱瘡として発症。

水疱瘡が治っても、
ウイルスは神経節に一生残る。

数年~数十年後、免疫力が低下すると
ウイルスの活動を抑えられなくなる。

帯状疱疹として発症。

「免疫力の低下」は「抗体価の減退」とも言い換えられます。

 

水疱瘡にかかっていなくても?
水疱瘡ウイルスに感染しても、水疱瘡としての症状が軽度で、ただの風邪のような症状で終わるケースがあります。

これを「不顕性感染」といいます。

この場合でも、体内の神経節にウイルスは残っているので、帯状疱疹を発症する可能性はあります。

「水疱瘡にかかっていないのに帯状疱疹になった」という人は、不顕性感染だったと考えられます。

 

抗体価の減退とは?

水疱瘡ウイルスに対する抗体の
抗体価(抗体の量)が減退することで、帯状疱疹を発症します。

抗体価の減退は、なぜ起こるのでしょうか?

おもな理由は、加齢ストレスです。

ほとんどの人は、幼少期に水疱瘡ウイルスの抗体を獲得します。

ですがこれは、20年ほどで抗体価が減退するといわれています。

なので、30代や40代になったら
水疱瘡の予防接種を受けたほうがいいのです。

理由は後述しますが、女性の場合は
20代の独身のうちに打っておいたほうがいいですよ。

 

水疱瘡の予防接種の料金は?

水疱瘡の予防接種は保険適用外のため、料金は少し高めです。

病院によりますが、
7,000円~9,000円程度のところが多いですね。

 

また、体内の抗体の有無を調べることを
抗体検査」といいますが、これはやらなくていいですよ。

なぜなら、抗体検査はお金と時間の無駄だからです。

抗体検査には5,000円~7,000円ほどかかりますが、
たとえ抗体があったとしても
水疱瘡の予防接種をすることに健康上の問題はないのです。

ですから、抗体検査はやらずに、
水疱瘡の予防接種をしてしまいましょう。

 

水疱瘡の予防接種の副作用は?

水疱瘡の予防接種には、以下のような副作用があります。

  • 発熱
  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 発疹
  • じんましん
  • 紅斑
  • かゆみ
  • 注射した部分の腫れ

これらの副作用が、予防接種のあと
1週間~2週間にかけて出るおそれがあります。

また、非常にまれですが、
アナフィラキシーショックによる死亡や
急性血小板減少性紫斑病になる可能性もあります。

これは非常にまれなケースなので、心配は無用です。

私たちが毎年、気軽に打っているインフルエンザワクチンにも
アナフィラキシーショックの危険性はありますので。

 

妊娠前の注意点は?

妊娠を希望する女性には、注意点があります。

水疱瘡ワクチンの接種後2か月は、妊娠してはいけません。

胎児に悪影響が出るおそれがあるからです。

また、当然ですが、妊娠中も予防接種は受けられません。

予防接種後2か月は、避妊してくださいね。

 

50歳前後で一度は受けておくべき

水疱瘡にかかったことがある人も
50歳前後で一度、予防接種は受けておきましょう。

以後の人生は、帯状疱疹の恐怖におびえずに済みますよ。

※回避率には個人差があります。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

3件のコメント

  • 新社会人の母

    いつも楽しく拝見しています。

    水痘予防接種は帯状疱疹の予防にはなりません。
    水痘ワクチンを入れるということは、水痘自体には罹患しなくても帯状疱疹になる可能性を作るということです。
    子供が幼稚園の入園時に予防接種を小児科に打ちに言って、「わざわざ帯状疱疹になるようにしなくても。自然に罹患したのなら諦めもつくけど」と言われました。
    まさかと思っていましたが、昨夏のインターンシップの開始早々に帯状疱疹を発症してしまい、辛い思いをさせてしまいました。
    (水痘自体にはかかっていません)
    ちなみに、私は小児科で医療事務をしていた者です。
    ただし、水痘も大変な病気なので、予防接種を否定はしません。

    • 管理人

      >新社会人の母様

      貴重な体験談をシェアしていただき、ありがとうございます。

      ご指摘いただいたとおりです。

      過去に水疱瘡にかかったことがない人に限っては、
      水痘ワクチンを体内に入れることで
      帯状疱疹になる可能性を自分から作ることになりますね。

      とはいえ、減少した抗体価を増やすという意味でのワクチン接種には、
      一定の効果が期待できるようで、高齢者への水痘ワクチン接種を
      推奨しているクリニックは多いです。

      また、高齢者への水痘ワクチン接種には
      帯状疱疹後神経痛も軽く抑える効果が期待できるとされています。

      日本国内では、水痘ワクチンの是非については
      医師陣の意見も割れていますが
      アメリカでは、60歳以上になると、帯状疱疹の対策として
      水痘ワクチンの接種が推奨されているそうです。

      断定的な表現はできないので、
      このあたりは個人の判断でお願いします、
      としか言えないのが心苦しいところです。

      今後も良質な記事を書いていきますので
      引き続きご愛顧よろしくお願いします。

  • 新社会人の母

    早速のご返信、ありがとうございました。
    とても博識のある方だとお見受けし、とても嬉しくなりました。
    これからも楽しみにしています。
    頑張ってくださいね。

コメントを残す