急性アルコール中毒の後遺症とは?脳機能障害が残る?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 247

お酒は、人を殺す力をもっています。
a0002_001100
急性アルコール中毒で何度か意識を失ったことがある私。

幸い、後遺症もなく生活できています。

ですが、急性アルコール中毒で後遺症を残す人がいるのも事実。

今回は、急性アルコール中毒の後遺症について徹底調査しました。


スポンサード リンク




急性アルコール中毒とは?

急性アルコール中毒とは
血液中のアルコール濃度が高まり
体に機能障害が出た状態のことをいいます。

毎年、何人もの若者が
急性アルコール中毒でを落としています。

急性アルコール中毒の
症状、対処、予防についてはこちらの記事をご覧ください。
⇒急性アルコール中毒の症状と治療とは?

急性アルコール中毒の後遺症は?

急性アルコール中毒では
後遺症が残るケースはまれです。

ですが、心肺停止した場合は
後遺症のおそれがあります。

人間は心肺停止してから
5分で50%、10分でほぼ100%の確率で死亡します。

また、心肺停止の状態で
まったく蘇生処置がなされないと
3分~4分で脳に深刻なダメージが出始めます。

心肺停止後はすぐに蘇生処置を
心肺停止すると脳に血液が行かなくなるので、脳細胞がどんどん死んでいきます。

1秒も無駄にできない、超緊急事態です。

すぐに心臓マッサージをして、脳に血液を送らなくてはいけません。

この数秒間が、生還できるかどうか、後遺症を残すかどうかの分かれ道なのです。

心肺停止してしまうと
高次脳機能障害を発症するおそれがあります。

高次脳機能障害の症状は以下です。

  • 言語障害
  • 記憶障害
  • 集中力の低下
  • 疲れやすい
  • キレやすい
  • 判断力の低下
  • 計画的な行動ができない
  • 指示された行動がとれない
  • 色や形、親しい人の顔が見分けられない
  • 時間や場所の感覚がない
  • 自分自身の障害が認識できない

高次脳機能障害になると
急に人格が変わったかのようにみえるそうです。

高次脳機能障害の治療は
手術や薬ではなく、リハビリが中心となります。

リハビリは有効で
発症後1年程度は著しい改善がみられます。

ですが、発症後2年目以降は
症状が固定されてしまいます。

心肺停止がなければ大丈夫!

急性アルコール中毒の後遺症が
残るかどうかは心肺停止の有無で決まります。

心肺停止がなかったのなら
さほど気にしなくても大丈夫ですよ。

急性アルコール中毒で意識を失い、病院に運ばれた人は
2日~3日後ぐらいまで、頭痛倦怠感を感じることがあります。

ですが、ほとんどの場合
1週間以内には症状が消えるので安心してくださいね。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す