風邪を早く治す方法は?これで病院いらず!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 355

私は虚弱体質です。
a0001_017659

夏は熱中症になるし、乗り物酔いもするし、お酒も弱くて毎回二日酔い

貧血体質だし、鼻血も出るし、口内炎口唇ヘルペスもできます。

冬はもちろん、風邪をひきます。

ところが私、風邪は病院に行かなくてもすぐ治せるのです。

この記事では、私がいつも実践している
風邪を早く治す方法を紹介します。

※効果には個人差があります。


スポンサード リンク




風邪を早く治す私の方法は?

風邪を治す方法については色々な議論がされていますよね。

お風呂には入ったほうがいい、いや入らないほうがいいだとか、
薬は飲むほうがいい、いや飲まないほうがいいだとか、
熱は下げたほうがいい、いや下げないほうがいいだとか、、、。

結局のところ風邪の特効薬は
水分補給睡眠です。これは絶対です。

それに加え、私は熱を出し切るということも意識しています。

熱は出したほうがいい!
熱が出るのは、体にウイルスが入って、
そのウイルスをやっつけるために
免疫細胞が闘っている証拠なんです。

風邪のウイルスは体温38度~39度で
ほとんどが死滅するといわれています。

さらに免疫細胞は平熱よりも
発熱時(38度前後)のほうが活動が
活発化するということもわかっています。

ですから、解熱剤で無理に熱を下げてしまうと、
ウイルスを殺せないので、
逆に風邪が長引いてしまうんですね。

私は風邪をひいたときは、寝る準備をして
しっかり寝るようにしています。

寝る準備のポイントは以下です。

  1. 生卵を飲む
  2. アクエリアス2リットルを1本、むりやり飲む
  3. 薬は飲まない
  4. 夜中に寝汗や尿意で目が覚めたら、着替えて水分補給する

順番に説明しますね。

(1)生卵を飲む

これは昔、父に教えてもらった方法で、
風邪をひいたら生卵を朝晩1個飲みます。

生卵がイヤな人は、卵かけごはんにしてもいいと思いますよ。

卵白には、粘膜の炎症を和らげる
塩化リゾチームという成分が含まれており
これは風邪薬にも使われているんです。

のどが痛くても飲み込みやすく、栄養もあるので
卵は風邪のときにおすすめですよ。

(2)アクエリアス2リットルを1本、むりやり飲む

風邪のときは水分補給が最重要です。

汗をたくさんかくので、脱水症状にならないよう、
多めに水分をとりましょう。

とはいえ、2リットルをイッキ飲みするのはかなりきついので、
私は1時間ぐらいかけて2リットル飲むようにしています。

冷たいドリンクは体温が下がるうえに飲みにくいので、
常温または少し温めて飲むのがいいですよ。

(3)薬は飲まない

これ!大切です。

風邪薬は飲みません。

なぜなら、上述したとおり、
風邪は熱を出し切るほうが治りやすいからです。

へたに熱を下げる薬は飲むべきではありません。

(4)夜中に寝汗や尿意で目が覚めたら、着替えて水分補給する

アクエリアスを2リットル飲んで寝るので、
尿意で目が覚めるかもしれません。

そのとき、おそらく寝汗を大量にかいているので、
下着はもちろん、できれば全部着替えましょう。

濡れたままだと体を冷やしてしまうからです。

寒気を感じたら?

寒気を感じたら厚着して、暖かくしてください。

逆に、発熱で暑すぎる場合は薄着になりましょう。

寒気がするのにワキを冷やしたりするのは
逆効果なのでやめましょうね。

寒いときは暖まればいいんです。

自然治癒力で治す!

熱を出し切れば風邪は回復に向かいますが、
薬で熱を下げようとすれば、風邪は長引いていきます。

もともと人間の体には自然治癒力が備わっているんですね。

薬に頼らず、睡眠と休養をとって、
風邪は自然治癒力で治しましょう。

※風邪と併発しやすい、副鼻腔炎についてはこちらです。
⇒副鼻腔炎の症状と治療法は?自然に治る?予防法は?


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

4件のコメント

  • うえむー。

    やくだつ!

  • 午年

    はじめまして。
    この記事、健康なアラサー男子の風邪の治し方である事を添え書きしたほうがいいかもしれません。
    活字にはすごい力があるし、自分の状況と照らし情報を拾捨択一する事ができない人も多いですから。

    • 管理人

      >午年様

      コメントありがとうございます。

      たしかにそうかもしれませんね。
      効果には個人差がある旨、冒頭に赤文字で追記しました。

      ご指摘ありがとうございました。
      今後も当ブログをよろしくお願いします。

  • 匿名

    ホホオ

コメントを残す