敬老の日 2013年 プレゼントは?何歳から?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 231

敬老の日の準備、していますか?

高齢者にとって
からもらうプレゼントは
とても嬉しいものです。

この記事では敬老の日の概要や
プレゼントのアイディアなどをまとめています。


スポンサード リンク



敬老の日とは?

a0002_001195
敬老の日とは毎年9月の第三月曜日
定められた国民の祝日です。

今年2013年は9月16日の月曜日ですね。

内閣府が公表している敬老の日の定義は
「多年にわたり社会につくしてきた
老人を敬愛し、長寿を祝う。
となっています。

敬老の日はもともと
1947年に兵庫県の一部で始まった
「としよりの日」が由来です。

ですので、敬老の日は
外国から伝わった母の日などと違って
日本特有のイベントなのですね。

明確なルールはありませんが、
敬老の日には孫から祖父母へプレゼントを贈る、
というのが一般的となっています。

何歳から?

しばしば話題にあがるのが
何歳からプレゼントを贈ればいいの?」
という疑問です。

私が聞いた話では、
60代の祖母に孫からプレゼントを贈ったら
まだそんな歳ではないと落ち込んでいた」
というものがあります。

実際、最近の高齢者は60代でも
とても若々しい人もいます。

老人扱いされたくない
という人も多いようですね。

「敬老」に該当する年齢は
地域ごとに差があるようですが
75歳以上というところが多いです。

敬老の日のおすすめプレゼント

私が考える敬老の日プレゼントのおすすめは
オリジナリティ」があるものです。

例えば以下のようなものですね。

  • 孫が書いた手紙
  • 孫からのビデオレター
  • 孫からの電話
  • 孫が作ったお菓子
  • 孫の手形・足形
  • 孫が描いた似顔絵
  • 孫が作った俳句

」がポイントです(笑)

祖父母と別居している場合は
家族で会いに行く」というのも
大変喜ばれるでしょう。

敬老の日プレゼント人気賞品

↓このグラフを見てください。
WS000000
WS000001
※引用元⇒楽天市場

グラフを見てみるとやはり

  • おいしいもの
  • お花

この2つはハズレはなさそうです。

彩り鮮やかな和菓子や、
美しい胡蝶蘭などは
きっと喜んでもらえるでしょう。
↓↓↓

忘れずにプレゼントの準備を
しておきましょうね。

とはいえ、上のグラフにもありましたが
コミュニケーション」がやはり大切です。

プレゼントを贈って終わり、ではなくて
実際に会いに行くとか、電話をするとか
必ずコミュニケーションを取りましょう。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す