ブラインドタッチのコツと練習方法は?これで初心者脱出!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 342

C789_mbawosawarute500私は高校時代にブラインドタッチをマスターしました。

この技術は大学でも役立ちましたし、社会人になった今もとても役立っています。

メリットだらけのブラインドタッチ。

習得しない手はないですよね。

この記事では、私がおすすめする
ブラインドタッチ練習法や、コツなどを紹介します。


スポンサード リンク



ブラインドタッチのコツと練習法

最近ではブラインドタッチのことを
タッチタイピングともいいますが、
この記事では「ブラインドタッチ」を使いますね。

さて、ブラインドタッチはご存知のとおり
パソコンのキーボードを手元を見ずに操作する技術のことです。

私がパソコンを触るようになったのは高校の頃でした。

最初はもちろんブラインドタッチはできませんでしたが、
あるキッカケで上達していったように思います。

そのキッカケは、オンラインゲームでした。

いわゆる「ネットゲーム」、「ネトゲ」などと
呼ばれるものです。

ネトゲでは、マウスでキャラクターを動かしながら
キーボードも操作しなければなりませんでした。

手元を見ているとモンスターにやられたりするので、
ブラインドタッチを覚えざるを得なかったんですね。

だから私はブラインドタッチを
猛練習してマスターしました。

ブラインドタッチのコツ

ブラインドタッチを早く習得するには
まずホームポジションをキープすることです。

ホームポジションって?
タイピングの基本となる指の置き方のことです。

まず、キーボードの「F」に左手人差し指を、
J」に右手人差し指を置きます。

あとはそれぞれ中指、薬指、小指を
その隣に置いていきます。

左手は「ASDF」、右手は「JKL;」ですね。

「F」と「J」には、手元を見なくてもわかるように
ポチッとした突起がついていますよね。

これを目印に、ホームポジションをキープするクセをつけましょう。

ホームポジションを覚えたら、
あとは正しい指でタイピングするだけです。

↓この画像を見てください。

引用元 http://www.cyber-concierge.co.jp/pc_tama/kyebord/kye_position.html

引用元 http://www.cyber-concierge.co.jp/pc_tama/kyebord/kye_position.html

緑色⇒小指
黄色⇒薬指
桃色⇒中指
青色⇒人差し指
※スペースキーは親指が基本です。

このように、正しい指でタイピングするよう意識しましょう。

はじめは手元を見ながらでもいいので、
ホームポジションをキープしながら
正しい指でタイピングすることが大切です。

ブラインドタッチの練習法

私が一番効果があったなぁ、と感じたのはチャットですね。

チャットとは、ネット上で文字による会話を楽しむことをいいます。

チャットでは、周りの会話に遅れないように
素早くタイピングしないといけません。

だから自然とブラインドタッチが身に付くんですよね。

それに、会話相手がいるから楽しいですし、
タイピングゲームよりもおすすめですよ。


タイピングゲームは、表示された文字を
素早くタイピングしていくゲームです。

こちらのタイピングゲームは無料でできておすすめです。
寿司打 SushiDA

1日10分などと時間を決めて、
毎日タイピングゲームをすると上達も早いですよ。

まとめ

ブラインドタッチは必ずできるようになります。

そして上達のポイントは、毎日触ることです。

1日5分でもいいので、パソコンの電源を入れて
タイピングするようにしましょうね!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す