日記をつける効果は?私が使っている3年日記は超オススメ!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 515

今でこそ、個人のブログは珍しくもないですよね。
写真 2013-12-08 14 09 40
私は大学入学時から社会人2年目頃まで、ブログで日記を書いていました。

現在では、当ブログ「ほほう知恵袋」を運営しつつ、紙の日記帳でも日記をつけています。

この記事では、日記の効果と、おすすめの日記帳についてまとめました。


スポンサード リンク



 

3年日記とは?

1年半ほど前からですが、私は「3年日記」をつけています。

3年日記とは、1ページに3年分の日記が書ける日記帳のことです。

文章だとわかりづらいので、写真で見てもらったほうが早いですね。

3年日記の中身はこんな感じになっています。走り書きでスミマセン。
↓(画像クリックで拡大)

3年日記

3年日記

 

いくつかのメーカーから出ていますが
私が使っているのは「アピカ」の3年日記です。

5年日記10年日記もあるのですが、5年も同じ日記帳を使うとボロボロになりそうだったので、私は3年日記にしました。

3年日記でも厚さが2.5cmほどあり、ハードカバーなので重厚感があります。

10年日記だと、かなり厚く、重くて持ち運びがツライらしいです。

とは言っても、日記帳なんてあまり持ち歩かないものですし
5年日記でもよかったかなと今になって思います。

 

3年日記のメリットと効果は?

私が、普通の日記ではなく3年日記を使うのは、以下のようなメリットと効果があるからです。

3年日記のメリットと効果

  1. 1年前の同じ日、何をしていたかがひと目でわかる
  2. 予定や目標にズレがないか確認できる
  3. 自分の成長を確認できる

順番に説明しますね。

 

(1)1年前の同じ日、何をしていたかがひと目でわかる

3年日記では、すぐ上に1年前の日記が書かれているので
1年前の同じ日、自分が何をしていたかがひと目でわかります。

これが意外とおもしろいんです。

 

「花粉が飛ぶ季節になってきた」

「誰々の結婚式に参加した」

「誰々と知り合った」

「○○を買った」

「××で失敗した」

「△△で成功した」

などなど…

ちょっとした歴史年表のようで、楽しめますよ。

楽しめる」というだけで、十分なメリットだと思います。

 

一般的な日記帳で、1年前の日記を見ようと思えば
別冊を取り出さなくてはいけないので、めんどくさいですよね。

3年日記なら、それが手軽にできますよ。

※新しく使い始めた年だけは例外です。

 

(2)予定や目標にズレがないか確認できる

「来年の今頃はこうなっていたい」

「年内には○○したい」

私は、3年日記にこのような目標をよく書き込みます。

それを1年後に目にしたとき、達成できていたら「よしっ!」と思うし
達成できていなかったら、達成できなかった理由を考えます。

 

「なぜ1年前はこう思っていたんだろう?」

「なぜ今は違う考え方になったんだろう?」

自分の変化を客観視し、分析してみるのも、行動のヒントになったりしますよ。

 

(3)自分の成長を確認できる

人間は、変わり続ける存在であり、いつまでも成長し続けます。

ということは、いつまでも未完成、つまり「未熟」だということです。

1年前の自分は、小さなことで悩んでいたり、簡単なミスをしていたりします。

「私も大人になったものだなぁ」と思えることは、自己の「成長の確認」です。

 

私は教員免許をもっており、人間の成長幸福の思考法を追求し続けています。

生徒との触れ合いや、自己の経験から、私が確信していることがあります。

それは…

人間は、自己の成長を確認できたとき、大きな幸せを感じ、さらなる向上心をもつ生き物である。自己の成長を定期的に確認することで、進化がさらに加速する

という事実です。

 

3年日記では、自己の成長を、毎日のように確認できますよ。

 

3年日記の使い方

3年日記の使い方ですが、特に決まりはありません。

あなたが書きたいことを自由に書きましょう。

 

参考までに、私がよく書く事項は以下です。

3年日記によく書くこと

  • その日やったこと
  • 具体的な数字(金額・時刻・期日など)
  • 正直な感情
  • 夢や目標

あまり深く考えず、とりあえず何か書くといいですよ。

私も、気分がのらない日は、一言しか書かないこともあります。

気軽に続けることが大切だと思うのです。

 

3年日記で人生を変えよう

3年日記の効果もあってか、1年前に比べれば
私はものすごく進化しましたが、まだまだ未熟者です。

ですから、これからも3年日記を使い、実践修正を繰り返していきます。

 

私にとって3年日記は、おもしろい歴史書であり、成長加速装置です。

3年日記を始めて、本当によかったと思います。

一生続けていきたい習慣です。

 

※昔、私が書いていた衝撃のブログについては、こちらの記事で触れています。
⇒愚痴を言わない人になる方法は?私も昔は言ってました


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す