死ぬのが怖い理由は?死を体験する方法とは?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 217

小学校の頃、父方の祖父が亡くなりました。
a1180_005281
私が初めて「」を身近に感じた経験です。

祖父が亡くなって、私は「人はいつか必ず死ぬ」ということを知りました。

それからしばらく、死ぬのが怖くて泣いていた記憶があります。

この記事では、死ぬのが怖い理由と
死を体験する方法を紹介します。


スポンサード リンク




なぜ死ぬのが怖いのか?

あなたはなぜ死ぬのが怖いのですか?

血が流れて痛いから?

息ができなくて苦しいから?

いいえ、もっと別の理由があるはずです。

あなたが死を恐れるのは、

死んだあと自分がどうなるのかわからないから」ではないですか?

死は、人類にとって永遠の謎です。

「死後の世界はこんなふうだったよ」

などと、誰かから体験談を聞くこともできません。

死は片道切符の旅行みたいなものなのです。

死後の世界、天国や地獄、生まれ変わりなどという概念は、
すべて人類の仮説でしかなく、科学的に証明されていません。

自分が実際に死ぬまで、
死を体験することはできないんです。

人は、未知のもの見えないものに恐怖を感じます。

体験したことのないものに恐怖を感じます。

だから、死が怖いんですね。

それなら、死を体験してみればいいんです。

死を体験する方法は?

これは私の仮説ですが、
死んだら脳は活動停止するので、意識がなくなるはずです。

だったら、意図的に意識をなくせば
擬似的な死」を体験できますよね。

では、どうやって意識をなくすのか?

答えは簡単で、

「寝ればいい」んですよ。

寝ているあいだは、意識はなくなっています。

夜、布団に入って目を閉じたら、一瞬で朝になりますよね?

あれは意識がなくなっているから、
時間がワープしたように感じるんですよ。

つまり、人はみな、毎日死を疑似体験しているんです。

こう考えると、死なんて怖くないですよね。

死んだ本人にとっては、
眠りが永遠に続くようなものですからね。

※あくまで私の仮説です。

今すぐ幸せになろう

死ぬのが怖い理由に気づいていただけましたか?

死は睡眠のようなものなので、恐るるに足らずです。

では、死の恐怖を克服したあなたには
この調子で今すぐ幸せになってもらいましょう

こちらの記事をご覧下さい。
⇒幸せになる方法とは?今すぐ人生を変えるには?


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

4件のコメント

  • 匿名

    最近の下らない本より、このサイトの方がおもしろい

  • south

    でも、私はずっと眠っているのが怖いんです。
    永遠に目覚めないと考えると怖い…

  • 匿名

    私が死ぬのが怖い理由は自分がどうなるかよりも死んだ自分のことを思ってくれる人がいるのだろうかということがわからないからです。
    だから逆に死にたくもなります。

  • 匿名

    ありがとうございました。
    初めて気持ちが楽になりました。

コメントを残す