コーヒー飲みすぎによる影響とは?毎日6杯飲む私が真相を公開!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 57

私はコーヒーが大好きです。
a1180_006850
高校時代から、無糖のドリップコーヒーがお気に入りです。

今もコーヒーを飲みながらこの記事を書いています。

毎日6~7杯は飲むのですが「飲みすぎかな?」と心配になり、徹底調査しました。

この記事では、コーヒー飲み過ぎの影響を紹介します。


スポンサード リンク



 

コーヒーを何杯飲んだら死ぬ?

コーヒーにはカフェインが含まれていることは、よく知られています。

ドリップコーヒー

ドリップコーヒー

カフェインは劇薬とされており
大量摂取すると死ぬこともあります。

では、コーヒーを何杯飲むと
危険なのでしょうか?

カフェインの致死量は
30分以内に5~10グラムとされています。

これは、私が愛飲している
ドリップコーヒーで換算すると
50~100杯ほど飲む計算になります。

主要な飲料のカフェイン含有量は以下です。

品目 カフェイン含有量 致死量(5g)に達するには
玉露(1杯150ml) 180mg 28杯
ドリップコーヒー(1杯150ml) 100mg 50杯
緑茶・紅茶(1杯150ml) 30mg 167杯
コーラ(1缶350ml) 40mg 125缶
缶コーヒー(1缶185ml) 150mg 34缶
レッドブル(1缶250ml) 80mg 63缶
モンスターエナジー(1缶355ml) 144mg 35缶

この表を見ればわかると思いますが
コーヒー飲みすぎで死ぬことは、まずありえません。

たしかに私はコーヒーが好きですが
さすがに30分で50杯は飲めません…。

 

コーヒー飲みすぎによる体への影響は?

では、死ぬことはないにしても
コーヒー飲みすぎによる体への影響はどうでしょうか?

結論から言うと、特に影響はありません。

世間では、コーヒーを飲みすぎると
以下のような悪影響があるというデマが飛び交っています。

  • 眠れなくなる
  • 筋肉がけいれんする
  • 疲れを感じなくなる
  • コーヒーを飲まないと攻撃的になる
  • コーヒーを飲まないとイライラする
  • コーヒーを飲まないと集中力が続かなくなる

これらは全部デマです。

私は寝る30分前にもコーヒーを飲みますが
すぐ眠れるし、朝まで目が覚めることもありません。

それに、午後に眠気覚ましとして
コーヒーを飲んでも、普通に眠くなります。

カフェイン耐性がついた?
コーヒーを長期間飲み続けていると、カフェイン耐性がつくので、眠気覚ましの効果が薄れる、という説もあります。

ですが、私はこの説には疑問を感じます。

なぜなら、私はコーヒーを飲み始めた頃から今に至るまで、コーヒーの眠気覚ましの効果を感じたことがないからです。

コーヒーを飲んだからといって
特段、疲れがとれることもありません。

また、コーヒーを飲まなくても
イライラしたり、集中力が低下したりすることもありません。

「じゃあ、なぜコーヒーを毎日6杯も飲むの?」

という声が聞こえてきそうですね。

お答えしましょう。

私がコーヒーを飲むのは、風味が好きだからです。

カフェインの効果を期待して
飲んでいるわけではないのです。

その証拠に、私はコーヒー以外にも
お茶もたくさん飲みます。

 

思い込みの効果

ところが、世間ではなぜか

「眠いときはコーヒーを飲むといい」

という一般論が出回っていますよね。

たしかに、コーヒーを飲んで
眠気がやわらぐのを感じる人がいるのは事実です。

なぜなら、プラシーボ効果が働いているからです。

プラシーボ効果って?
プラシーボ効果とは、思い込みのことです。

たとえば「これはよく効く風邪薬です」と言って、患者にただの粉末を飲ませると、風邪が早く治ったという事例があります。

飲み会の前に飲む、ウ○ンの力などもプラシーボ効果の典型例ですよね。

「コーヒーは眠気をやわらげる」という思い込みがあるから、脳が勘違いして、眠気をやわらげてくれるのですね。

ここに、興味深い研究事例があります。

■コーヒーに含まれるカフェインの効果を確認するための実験

被験者をAとBのグループに分ける。

Aにはカフェイン抜きのコーヒーを
Bにはカフェイン入りのコーヒーを飲んでもらう。

※Aには「カフェイン入り」と偽って飲ませる。

結果、AとBの両グループとも
同程度の眠気解消効果が見られた。

以上の研究結果や
私の実体験からわかるように
コーヒーは体に影響を与えません。

すべて思い込みの産物なのです。

ただ、コーヒーには
利尿作用があることだけは確かなので
試験前などには、飲まないほうがいいと思いますよ。

※カフェインが人体に与える影響には個人差があります。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す