副鼻腔炎の症状と治療法は?自然に治る?予防法は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 324

が詰まると、つらいですよね。
a0002_007525
においが感じられなくなって食べ物がまずくなる。

頭がボーっとして集中力が低下する。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)はインフルエンザや風邪から発症しやすい鼻の病気です。

この記事では、副鼻腔炎の症状や治療法についてまとめています。


スポンサード リンク




副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎とは、副鼻腔にがたまる病気です。

※昔は蓄膿症(ちくのうしょう)という呼称のほうが一般的でした。

副鼻腔というのは、
鼻の付近にある空洞のことです。

副鼻腔炎の多くは、
インフルエンザや風邪のウイルスが原因で起こります。

急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎があり、
まず急性副鼻腔炎を発症し、
治療せず放置した場合、慢性化します。

下図のように、おもな副鼻腔には

  • 前頭洞(ぜんとうどう)
  • 篩骨洞(しこつどう)
  • 上顎洞(じょうがくどう)

の3つがあります。

副鼻腔

副鼻腔

ここに膿がたまり、さまざまな症状が出るんですね。

副鼻腔炎の症状は?

副鼻腔炎のおもな症状は以下です。

  • 黄色や緑色で粘り気のある鼻水
  • 鼻詰まり
  • 顔面痛(額、目の周辺、頬、歯)
  • 頭痛
  • 嗅覚障害
  • 口臭
  • 鼻ポリープ(鼻茸)
  • ボーっとする
  • 集中力低下
  • イライラする
  • 耳が遠くなる

以下の症状を併発することも。

  • 中耳炎
  • 髄膜炎
  • 副鼻腔気管支症候群
  • 自律神経失調症
  • 不安神経症(パニック障害)

副鼻腔炎の典型的な症状は、顔面痛です。

頬骨の奥奥歯
眉間鼻の付け根周辺などが痛みます。

副鼻腔炎の治療法は?

急性副鼻腔炎の場合は、早期であれば
抗生物質の投与のみで治ることもあります。

ですが、慢性化した場合は、鼻茸(はなたけ)
除去する手術が必要になることがほとんどです。

※鼻茸とは、鼻の粘膜が変性し、肥大化したものです。

昔は上唇裏側の歯茎を切開し、
さらに骨に穴をあけるという手術法が主流でした。

ですが、この方法は、唇に感覚麻痺などの後遺症が残るリスクもあり、
現在では、鼻から内視鏡を入れる方法が主流になってきています。

副鼻腔炎は自然に治る?

副鼻腔炎は自然治癒が難しい病気です。

インフルエンザや風邪と同時に
上記のような症状が出た場合は、
耳鼻咽喉科で早期の治療を受けましょう。

早期なら簡単な鼻洗浄と投薬治療で治ります。

慢性化・重症化すると
手術が必要になるので気をつけましょうね。

副鼻腔炎の予防法は?

副鼻腔炎の予防に効果的なのは、鼻をかむことです。

片方ずつ、静かに鼻をかむようにしましょう。

鼻のかみ方に注意!
必ず片方ずつ鼻をかみましょう。

両方同時にかむと、鼻水が奥へ追いやられ、
副鼻腔炎の原因になる可能性があるからです。

また、なるべく鼻をすすらないようにしましょう。

鼻をすすると、副鼻腔炎や中耳炎になるおそれがありますよ。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す