愚痴を言わない人になる方法は?私も昔は言ってました

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 449

先日、5年前に書いていた日記を見つけたんです。
a0002_011007
懐かしいなぁと思って読んでみると、、、

なんと、愚痴だらけ。

当時の私はまだ何も見えていなかったんだなぁ、、、。

この記事では、愚痴を言わない人になる方法を紹介します。


スポンサード リンク



 

愚痴、愚痴、愚痴!

5年前の自分が書いた日記を読んで、
私は驚きを隠せませんでした。

日記は愚痴の嵐だったからです。

上司の愚痴、同僚の愚痴、会社の愚痴、
知人の愚痴、社会への愚痴、、、。

ありとあらゆる愚痴が書き込まれていました。

こいつは俺じゃない

そう思ったぐらいです(笑)

というのも、今の私は愚痴をまったく言わない人間だからです。

 

愚痴を言わなくなった経緯

昔は恥ずかしいほど愚痴を言っていた私ですが、
なぜ愚痴を言わなくなったか、答えは明確です。

それは、思考法が変わったからです。

どう変わったのかというと、

他人に期待しなくなったんです。

 

愚痴が出るのは他人に期待しているから

そもそも愚痴が出る理由は、自分が一切がんばろうとせず、
他人にがんばってもらおうと期待しているから
なんです。

次の言葉はとても大切なのでよく覚えておいてください。

「他人と過去は変えられない。
 自分と今は変えられる」

私たちは、他人の性格行動変えることはできません

だから、そこに労力をかけても無駄なんですね。

愚痴というのは、そのほとんどが
他人の行動を変えたいという願望なんです。

たとえば、

「話の長い上司がいるせいで、いつも帰宅が遅くなる」

という愚痴を言ったとします。

これはつまり、

「話をもっと短かくしてくれよ」と、

上司が変わってくれることを期待しているんです。

でも、上司は変わってくれない。

だから愚痴が出るんです。

「他人は変えられない」ということを知れば、
愚痴がいかに無駄で傲慢なものか、わかるようになりますよ。

私はこのことに気づいてから愚痴を言うのをやめました。

 

愚痴は百害あって一利なし

以下のように、愚痴にはデメリットしかありません。

  1. 友達を失う
  2. 運気を逃す
  3. 成長できない
  4. ストレスがたまる

順番に説明します。

(1)友達を失う

あなたは愚痴ばかり言う人と一緒にいたいと思いますか?

私は思いません。

愚痴を言うのは、本当におすすめしませんよ。

「この人、私がいない場所では、私のことも悪く言うんだろうな」

と思われていることでしょう。

(2)運気を逃す

ネガティブな言葉は、運気を逃します。

愚痴がもつマイナスパワーはかなりのもの。

愚痴を言った数だけ、自分の価値を下げ、運気も逃します。

私は愚痴を言わなくなってから
爆発的に友達が増えて、彼女もできました。

(3)成長できない

さきほども述べたとおり、愚痴を言うということは
自分が努力せず他人に期待している状態です。

ですから、自分は成長できません。

ずっと同じレベルにとどまり、愚痴を言い続ける人生です。

(4)ストレスがたまる

ここ、重要です。

多くの人が勘違いしているのですが、
愚痴を言うことでストレス解消になると思い込んでいるようです。

これは間違いです。

愚痴を言うからこそ、ストレスがたまるんですよ。

なぜかというと、私たちの体は言葉の影響を受けるからです。

愚痴はものすごいマイナスパワーを持っており、
愚痴を聞くほうはかなりストレスがたまります。

そして、じつは愚痴を言っているほうも
愚痴を言えば言うほどストレスをためているんですよ。

自分の口から出た愚痴が自分の耳から入って、
脳にマイナスパワーを伝えるからです。

要するに、愚痴を言う人は自爆しているんですね。

 

どうしても愚痴を言いたくなったら?

他人には一切期待せず、ひたすら自分に期待して、
努力していれば愚痴は出てこなくなります。

ですが、どうしても愚痴が出てしまう場合、
愚痴専用ノートを作って、そこに書きましょう。

愚痴を口に出してはいけませんよ

愚痴がもつマイナスパワーで自爆してしまいますからね。

 

100%自分が悪い

最後におまけです。

愚痴が出そうになったら、こう考えてみてください。

「100%自分が悪い」

愚痴が出るような環境を選んだ自分が100%悪いんです。

私も昔は愚痴だらけの人間でしたが、今になって思うのは、
「100%自分が悪かったんだなぁ」ということです。

自分は変わろうとせず、
他人が変わってくれることばかり期待していた

だから、愚痴が出ていたんですね。

※あなたをさらに成長させる記事はこちらです。
⇒人に嫌われる人の特徴は?あなたは大丈夫?意外とやってるかも?


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

16件のコメント

  • まろめる

    愚痴言って嫌われた経験があって耳が痛かったです・・・
    確かに周りの友達をみても、愚痴ばかりの人は恋人もいないし不幸そう(苦笑
    改心します!!!

    • 管理人

      >まろめる様

      コメントありがとうございます。

      私も、数年前は愚痴を言いまくっていたので、まだまだ未熟者と自覚しております。

      日々、精進してまいります。

  • ハロはろ。

    とてもよくわかります(-_-;)
    同じような考えを持つ方ってやっぱりいるものですね・・・。

    愚痴には本当に意味を感じられません。
    あと他人に期待しないっていうのも同感です。
    どうしようも出来ないことに時間や体力を費やすのは無駄なことこの上ないですからね。

    • 管理人

      >ハロはろ。様

      愚痴は相手に多大なストレスを与えますし
      このことに気づいている人は、人生を得していると思います。

      私も、20代のうちに気づけて本当によかったです。

      日々、精進してまいります。

  • 月華

    私は、365日×10年以上
    愚痴を聞かされてる側です
    友達なら縁切れるかもしれないけど…お母さんとなると難しいし
    食事中にされれば、食べ終わるまで耐えるしかないです

    愚痴は、マイナスなパワー…って書いてありますが
    これって、聞いてる人もマイナスパワー貰ってますよね?多分…
    やだな~
                   
    私の場合は、一年にあるかないかぐらい愚痴を言うことはありますが、最後に聞いてくれてありがとうって感謝の気持ち等を伝えるようにしてますよ(*^▽^*)

    • 管理人

      >月華様

      コメントありがとうございます。

      愚痴を10年以上はつらいですね。

      私も、家族の愚痴を聞くことがありますが、相槌を打つだけで、聞き流すようにしています。

      愚痴に対して反論したり、打開策を提案しても、口論になったり、相手を傷つけてしまう可能性が高いからです。

      昔は愚痴だらけだった私が言うのもアレですが、愚痴とは、思考停止であり、成長の放棄だと思います。

       

      とはいえ、男性と女性は別の生き物であり、思考回路が違うので、愚痴で受けるマイナスパワーには、個人差もあると思います。

       

      たまには息抜きも必要かもしれません。月華様のように、話を聞いてもらった相手に感謝を伝えるのは、すばらしい心がけだと思います。

      私も、多様な価値観を認め、日々精進したいです。

  • たかちん

    自分は学生ですが、確かにこの文章通りだと思いました。ですが、自分が100%悪いと、思いすぎると爆発してしまいました。
    ですから、そこらへんは、あまり考えないほうがよろしいのでしょうか?

  • 匿名

    良かった!!
    うん。実践してみよう!!

  • 山少々

    僕は自分が言っていた側の人間です。
    言う原因はいろいろあるかも知れませんが、自分の場合は職場がメインでした。
    なんでもっと認めてもらえないのかとか、自分はもっと出来るって勘違いをしていた結果、それが不満となってやがて口に出るようになりました。
    また自分を卑下することで自分を正当化したりすることもしばしば。
    しかし、今思えば、それは自分を下げるだけになってしまっていたように今は思えています。
    過去を清算する事は出来ませんが、管理者様がおすすめしている本を購読している結果、少しは気持ちが楽になってきております。愚痴の回数も減りつつあります。

  • kokko

    去年末実家に戻りました。
    そこからマイナスばかり言われるようになり、いつしか私まで愚痴愚痴ばかり言うように。
    愚痴を言わない私に戻りたい。
    そう心かけようと思います。

  • 匿名

    なるほど(~_~;)
    明日から愚痴を辞めるぞ!

  • kh

    他人に期待するから愚痴を言うということはすごく納得いきました。でも他人に期待をしない100%自分がわるいという考えは協力的じゃないと自分は思いました。ずっと続けてたら自分が疲れてしまうと思います。愚痴を言ってもそれは違うよと言ってくれるような友達を持つことが大切だと自分は思うのですが…。
    このサイトを読んで他人に期待しすぎてたと思うことがいくつも当てはまりました!また自分を見つめなおしてみたいと思います。

  • 匿名

    今日も会社で愚痴をこぼして、最近多いなと思っていたので大変参考になりました。確かにどうしようもないことを期待しているのかと、気づかせて頂きありがとうございます。明日から愚痴減らせそうです。

  • のり

    初めまして。
    ここのHPを見て転職する勇気が湧いてきました。
    年齢的には厳しいですが、過去の反省を生かしてご縁のある
    会社へ就職できればと考えております。
    愚痴というよりは言い訳が多いのが私の反省するところです。
    今まで何社か転職してきたのも、自分は言われた事しか仕事ができない。
    又自分で居心地を悪くして転職してきたのも事実ですね。
    今度面接がある時はここのHPを参考にして対策をしたいと考えています。
    へたな履歴書の志望動機よりも、ありのままでの履歴書を作成して
    正直に面接に望もうと思います。この年で形式的に履歴書を作成しても
    不採用ですので、HPはとても参考になりました。

  • まな

    なんか愚痴ばっかり言ってしまう特定の友達がいて、いつでも吐いてって聞いてくれるのを調子にのって、ずっと吐きまくります。でも、ふとしたとき、その友達は私もには、一切愚痴りもせず連絡もしなければ、来ないことに気づきました。本当は愚痴られるの嫌だよなと、毎回毎回感謝はしていましたが、やっぱりダメだよなと気づかされる記事でした。私も愚痴られると親身に考えてしまい、解決できないし、一緒にモヤモヤします。愚痴は私体に悪いんだなと、反省しメモに書き込むことにしました。

  • みかん

    とても納得しました。
    明日から実践していきます。もう愚痴は言いたくない!

コメントを残す