告白の返事をなぜ保留?「考えさせて」の理由と成功率は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 345

「返事は少し考えさせてほしい
kokuhakuhenji
好きな人に告白したとき、このように返事を保留されるケースがあります。

じつは、恋多きアラサー男子の私も、女性に告白した際、何度か「考えさせてほしい」と言われたことがあるんです。

この記事では、告白の返事が「考えさせて」だった場合の成功率と、相手の心理状況を解説します。

生殺し状態のあなたをスッキリさせる記事です。


スポンサード リンク



 

返事を保留する最大の理由とは?

たとえば、あなたが医者で、患者に「余命半年です」と告知しなくてはいけない場面をイメージしてみてください。

イメージしましたか?

この告知で相手をどん底に突き落とすことになるし、気乗りしません。「言いたくないなぁ」と思いますよね。

 

では次に、あなたが医者で、患者に「手術は成功です」と伝える場面をイメージしてみてください。

相手が喜ぶだろうし、すぐにでも伝えたいですよね。

 

私自身の経験と、インターネット上の多数の事例を分析した結果、恋愛における告白の返事も、ほとんどの場合これと同じということがわかりました。

悪い返事(つまり”NO”)だから即答できないんです。

 

人間の行動心理「悪い返事はしたくない」

私は一般企業で、営業職として働いたことがあります。

数百件以上の契約案件を経験し、人間のある行動心理を知ることができました。

 

人間は、「悪い内容の返事は、回答を遅らせるか、できれば回答したくない」という心理構造をもつ生き物なんです。

LINE既読スルーもこれと似ています。
⇒既読スルー KSする相手は脈なし?隠された真実とは?

 

契約ごとでは、返事に時間がかかる場合、たいてい破談になります。

なかには、お断りの返事さえもらえないまま自然消滅という商談もありました。

 

お断りの返事は労力がかかることなんです。

労力がかかることだから、避けたい。逃げたい。保留したい。

もちろん例外もあります。ですが、ほとんどの人間にはこのような行動心理があることを、私は自分の経験から痛いほど学んだのです。

 

返事が「考えさせて」の場合、成功率は?

たとえば「付き合ってください」と告白したとしましょう。

もし返事がOKなら、99%その場で即答してくれます。

あるいは、その日の夜か翌日ぐらいには、OKの返事がもらえます。

 

ところが、告白の返事が「考えさせて」だった場合、その成功率は非常に低いです。

参考までに、私自身の恋愛経験では、返事を保留された場合の成功率は0%でした。インターネット上の事例を集めてみても、同様に成功率は低いです。おそらく、成功率は5%にも満たないと思います。

 

まれに、ある理由によって返事を保留されたけど、答えはOKだったというケースがあります。

 

返事保留でもOKになるケース

非常に珍しいケースですが、保留されたあとで、OKの返事をもらえる人もいます。

それは以下のようなケースです。

保留されてOKをもらえるケース

  • 前の恋人と別れたばかりで、すぐ付き合うことに抵抗があるから
  • 軽はずみではなく、よく考えて回答したいから

とはいえ、これは非常に珍しいケースなので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

告白成功率を上げるには?

以上、半殺しを全殺しにするような記事になってしまいましたが、私も経験したことですし、真実を包み隠さず書きました。

失恋はつらいものですが、必ずあなたを成長させてくれます。

男性のかたは、告白成功率を知るために、次の記事を読んでおいてください。
⇒女性の脈ありサイン7選!男性からの告白の成功率はコチラ!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す