引越しの相場 単身 都内 近距離はいくら?サカイの見積書を公開

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 438

3月といえば、引越しの繁忙期。
写真 2013-12-11 12 50 21
私は2012年の3月に、サカイ引越センターを利用して引越しました。

単身、都内、近距離の引越しでした。

この記事では、私が実際に受け取った見積書を公開するので、都内の引越し相場がわかるようになりますよ。


スポンサード リンク



 

サカイ引越センターの見積書

私は東京都内で単身で引越しました。

となりの区への引越しで、距離にして900mほど。

かなり近距離の引越しでした。

 

では、さっそくですが
そのとき利用したサカイ引越センターの見積書を見てみましょう。
↓(画像クリックで拡大)

サカイ引越センター見積書

サカイ引越センター見積書

金額は27,250円です。

ほかにも2社ほど、費用概算を出してもらったのですが
おそらく、相場の最安値に近い金額だと思います。

 

このときの大きな荷物は以下です。

大きな荷物

  • ベッド
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 幅1mほどのパソコンデスクとイス
  • 電子レンジ

私はダンシャリアンなので、荷物は少なめかもしれません。

 

6万円ぼったくられそうになった

私はこのとき、サカイ引越センターだけでなく
ほかの引越し業者にも声をかけていました。

「都内から都内へ」の引越し相場がわからなかったので
相場を知るために、数社に声をかけてみようと思ったのです。

 

最初に声をかけた業者は
6万円ほどかかりますね」と言ってきました。

私は「少し考えさせてください」と言って、電話を切りました。

 

次に電話をかけた業者は
5万円ほどかかりますね」と言いました。

私はまた電話を切りました。

 

ここで私は、あることを思い出しました。

「そういえば最近、同僚が都内から都内へ引越していたぞ。
同じく単身で近距離だし、いくらかかったか聞いてみよう」

さっそく同僚にメールをして、返ってきた答えに私は愕然としました。

「サカイで2万円台だったよ」

 

こうして私は、サカイ引越センターにお願いすることを決めたのです。

 

引越し料金を安くするコツ

引越し料金を安くするコツは以下です。

  1. アイミツをとる
  2. 午後指定にする

順番に説明しますね。

 

(1)アイミツをとる

「アイミツ」というのは「相見積もり」のことです。

異なる業者数社に見積もりを出させ、価格競争させるという、商売用語です。

「○○さんはもっと安く見積もってくれましたよ」

「このあと、ほかの業者さんが来るんです」

などと、さりげなくアイミツをにおわせましょう。

 

この「さりげなく」というのがポイントです。

あまり露骨に「もっと安くしろ」という雰囲気を出してしまうと
業者がやる気をなくしてしまう可能性があるので、気をつけてくださいね。

 

(2)午後指定にする

引越し料金は、曜日や時間帯によって大きく変わります。

私は繁忙期である3月の週末に引越したのですが
午後指定にしたら5,000円ぐらい安くなりました。

午前は人気なので、値段が高いのです。

また、平日ならさらに安くすることができますよ。

 

引越し料金査定サイトは使わない

いろいろなブログを見ていると、
引越し料金の査定サイトをおすすめしている人が多いです。

ですが、私は査定サイトは使わないほうがいいと思います。

なぜなら、電話攻撃がウザイからです。

 

査定サイトには電話番号を登録しなくてはいけないケースがほとんどです。

引越し業者は、ものすごい早さで電話をかけてきます。

私も査定サイトを利用したことがあるのですが、
査定を申し込んだ2分後ぐらいに電話がかかってきてビックリしました。

しかも連続でかかってくるので、ややウザイです。

 

査定サイトって、10社や20社に一気に査定を依頼するので
翌日や翌々日にものすごい勢いで電話がかかってくるんです。

でも、その中で実際「お願いしようかな」と思える業者って
2社~3社ぐらいなんですね。

ですから、わざわざ査定サイトで電話攻撃にさらされる必要はないのです。

 

評判がいい引越し業者3社ぐらいに連絡するだけで十分だと思います。

私はサカイ引越しセンターを2回使っていますが、親切丁寧で、おすすめですよ。
(けっしてサカイの回し者ではありません)


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す