確実に熱を出す方法は?風邪をひくコツは?病弱な私が解説します

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 244

「学校を休みたい」「部活を休みたい」
a0002_007564
そんな理由で、風邪をひきたいと思ったことが私にもありました。

私は、年に数回は風邪をひく虚弱体質です。

この記事では、確実に熱を出す方法を紹介します。

※熱を出す方法を知り、風邪を予防するための記事です。


スポンサード リンク



 

私が熱を出すパターンは?

現在、私はアラサーですが
これまで毎年何度も風邪をひき、熱を出してきました。

私が風邪をひいて熱を出すとき、以下のお決まりパターンがあります。

  1. 寒い思いをする
  2. 風邪をひいている人と遊ぶ
  3. 寝不足

順番に説明しますね。

 

(1)寒い思いをする

私がもっとも風邪をよくひくパターンです。

風呂あがりで髪の毛をちゃんと拭かず、湯冷めしてしまうのです。

「さむっ」と感じて、ブルブルッときたら、もうヤバイですね。

これが風邪のきっかけになり、熱が出ます。

私が確実に熱を出したいと思ったら
風呂あがりに裸か下着のままで過ごすでしょうね。

そうすると、体の芯まで冷えます。

「ブルブルッ」と寒気を感じたら
高い確率でウイルスが体内で暴れ始めています。

私なら、翌日は38度の熱を出して寝込む自信があります。

 

(2)風邪をひいている人と遊ぶ

私の経験上、風邪をひいている人と遊ぶのは危険です。

鼻水ズルズル&咳ゴホゴホ状態の人と遊ぶと、高い確率で風邪をひきます。

風邪をうつされてしまうんですね。

考えただけで頭痛がしてきた…。

 

(3)寝不足

寝不足だったり、疲れがたまっていたりすると、熱が出ます。

私は寝不足が続くと、まず頭痛を感じることが多いですね。

そのあと熱が出て、本格的に風邪をこじらせます。

 

なぜ寒いと風邪をひくのか?

私たちはなぜ寒いと風邪をひくのでしょうか?

これには諸説あるのですが、

「免疫力の低下」がおもな原因です。

体温が下がると、免疫力(抵抗力)が低下するため
体がウイルスに負けてしまい、風邪をひいてしまうのです。

 

では、風邪をひくとなぜ熱が出るのでしょうか?

これは、免疫力を上げて風邪のウイルスをやっつけるためです。

人間の免疫細胞がもっとも活性化する体温は、38度といわれています。

ですから、風邪をひくと熱が出るのです。

 

風邪を早く治す方法は?

以上、風邪をひいて熱を出す方法をまとめました。

なお、あなたがこの方法を試し、風邪をひいたとしても
当ブログは一切責任を負えませんので、ご了承ください。

次の記事では、風邪を早く治す方法を紹介しています。
⇒風邪を早く治す方法は?これで病院いらず!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

13件のコメント

  • きゃりーぱみゅぱみゅ大好き!

    なるほどですね☆

  • タピオカパン

    ばれずにする方法は?

  • メロン

    部活いやだからその方法やろっ!

  • ミク꒰。•ॢ◡-ॢ。꒱

    実際にやってみたいです

  • 有吉

    やってみよ

  • みさ

    やってみよーw

  • 匿名

    やってみよー

  • ザキヤマとフジモン

    やべ!起きてたら体とか髪の毛かわいた
    洗面所行って髪の毛ぬらそ…

  • 匿名

    さっそくやってみよ~~~~~~!

  • しお

    やる(確信)

  • 青猫

    風邪引いてめっちゃ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしながら見てる

  • あか

    やろう

  • 塾やスメルーー

コメントを残す