咳が止まらないけど熱はないのは咳喘息かも?症状と治療法はコレ!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 359

風邪が治ったと思ったら、だけが何週間も続く…。
WS000002
長引く原因不明の咳に悩む人は多いです。

私も何度か経験があります。

そこで今回は、熱はないけど咳が止まらないケースについて、徹底調査しました。

この記事では、考えられる病気と、治療法を紹介します。


スポンサード リンク



 

熱はないけど咳が止まらない原因は?

口や鼻から異物が気道に侵入したり
気道に炎症があったりすると、咳が出ます。

冬の寒い日に、冷たい空気を吸い込むと咳が出たり
風邪やインフルエンザのときに咳が出る理由はこれです。

 

ところで、以下の病気では
熱はないのに咳が止まらないケースがあります。

  • 副鼻腔炎
  • 逆流性食道炎
  • アレルギー性気管支炎
  • 咳喘息
  • 百日咳
  • 結核

今回私は、「熱はないけど何週間も咳が止まらない」という人に絞り
インターネット上の多くの症例を分析しました。

すると、ほとんどのケースで
ある病気が原因となっていました。

それは「咳喘息」です。

 

咳喘息(せきぜんそく)とは?

熱はないけど咳が止まらないのは、咳喘息の可能性が高いです。

咳喘息は以下のような症状をもちます。

  • 風邪が治りかけた頃に咳が出始める
  • 風邪が治ったあと2週間以上、咳が止まらない
  • 「コホッコホッ」「ケンッケンッ」という乾いた咳が2回セットで出る
  • 夜、布団に横になると咳が出る
  • 朝、寝起きに咳が出る
  • 熱はない
  • 倦怠感はない

気管支喘息と咳喘息は似ていますが、違うものです。

違いを簡単に説明しますね。

 

気管支喘息も咳喘息も
気道が炎症を起こしている点は同じです。

違うのは、気管支喘息では気管支の収縮が起こる点です。

気管支の収縮が起こるため
激しく咳が出て、30分~1時間の発作が続きます。

気管支喘息の激しい発作が原因で
呼吸困難になってしまう人もいるほどなのです。

 

これに対し、咳喘息では気管支の収縮は起こりません。

なので、呼吸困難になるほどの
激しい発作が起こるケースは少ないです。

咳喘息の特徴として、咳が2回1セットで出ます。

「コホッコホッ」や「ケンッケンッ」という具合です。

痰(たん)が絡まない咳を「乾いた咳」といいますが
この乾いた咳が2回1セットで出るときは、咳喘息を疑ってください。

 

治療法は?

熱はないけど咳が止まらないときは
すみやかに呼吸器科または内科にかかりましょう。

咳喘息の治療には、吸入ステロイド薬が効果的といわれています。

吸入ステロイド薬

吸入ステロイド薬

吸入ステロイド薬は、喘息の治療にもっとも効果をあげており
錠剤のステロイド薬とは違い、副作用がないので安心して使用できます。

とはいえ、体質や病状によって
吸入ステロイド薬の効果が体感できない人もいるようです。

医師の判断に従って、治療してくださいね。

 

なぜ夜になると咳が出るの?

夜、布団に横になると、なぜか咳が激しく出ますよね。

これには、2つの理由が考えられます。

■布団に横になり、リラックスすると副交感神経が活発になるため
気管支が収縮して、咳が出やすくなる。

■横になるとに血液が流れ込み
肺に負担がかかるため、咳が出やすくなる。

 

夜の咳を止めるコツは?

夜の咳を止めるコツを紹介します。

  • 寝るときはマフラーをして口元を隠す
  • マスクをして寝る
  • スプーン2杯のハチミツを飲む
  • 生姜湯を飲む
  • 大根おろしを食べる

ぜひ試してみてくださいね。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す