舌癌(舌腫瘍)の初期症状とは?口内炎は危険信号!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 221

011305クラシックギタリストの
村治佳織さんが舌癌(舌腫瘍)のため長期療養に入るという発表がありました。

胃がんや乳がんなどに比べ、
舌癌はがんの中では少ない部位ですが
発見が遅れることが多い病気です。

この記事では、舌癌の初期症状やチェック法を紹介します。


スポンサード リンク



舌癌の概要

舌癌は舌に悪性腫瘍ができる病気で、
発見が遅れれば死に至ります。

舌癌の特徴は以下です。

  • 発見が遅れることが多い。
  • 手術後は言葉を失う可能性がある。
  • 手術後は発声機能に障害を残す。

舌癌の怖いところは、発見が遅れることが多く、
発見時にはすでにリンパ節などへの転移
見られるケースが多いという点です。

また、発見が遅れた場合の手術では
舌全部と咽頭を摘出しなければならない可能性があり、
こうなると喋れなくなります。

そのため、舌癌は早期発見が特に重要なのです。

舌癌の初期症状

舌癌は早期発見が肝心です。

下記のような症状が現れたら、要注意ですよ。

  • 口内炎が1ヶ月以上治らない。
  • 舌のサイドに白い部分がある。
  • 舌のサイドが赤くただれている。
  • 舌に無痛のしこりがある。
  • 虫歯や詰め物、入れ歯が当たって舌に口内炎ができた。
  • 舌のサイドにできた口内炎の周囲が固くなっている。
  • 同じ場所にばかり口内炎ができる。

以上のどれかに当てはまる場合、
舌癌の初期症状の可能性があります。

すぐに診察に行きましょう。

舌癌の原因と予防

舌癌の原因には以下のようなものがあります。

  • アルコールやタバコ
  • 香辛料などの刺激物
  • 歯並びや虫歯

特に注目したいのは、香辛料歯並び
舌癌の原因となっている点です。

日常的に多くの香辛料を用いるインドでは
舌癌が多いという統計も出ています。

舌癌を予防するためには、舌癌の原因を把握し、
常日頃からそのような行為には気をつけることです。

まずは禁煙をおすすめします。

タバコは舌癌だけでなく、あらゆる病気の原因になっています。

また、激辛な食べ物を避けることも有効でしょう。

※私は激辛好きな友人が心配です・・・。

歯並びが悪くて、いつも舌に歯が当たって
痛みを感じている場合も注意が必要ですよ。

そのような場合は、一度歯科医に相談してみるのも手だと思います。

口内炎を放置していたら舌癌だった・・・
というケースが多く報告されています。

日頃から鏡で舌の状態をチェックし、
異常を感じたらすぐに診察してもらいましょうね!

※口内炎ができるのは、亜鉛不足が原因かもしれません。
⇒亜鉛サプリの効果と副作用とは?多く含む食べ物は?妊婦は注意!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す