寒さ対策 部屋版!節約家ならみんな知ってる方法とは?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 40

今年も、だいぶ寒くなってきましたね。
a0001_017685
寒さ対策はバッチリですか?

私は毎年、暖房をなるべく使わないよう工夫しています。

この記事では、節約家ならみんな知っている、部屋の寒さ対策を紹介します。


スポンサード リンク



 

部屋でできる寒さ対策は?

部屋の寒さ対策、ポイントは以下3点です。

  • 電気ひざ掛け
  • 厚着
  • 窓の冷気対策

順番に説明しますね。

 

電気ひざ掛け

ここ数年で、
私が出会った最高のアイテムといえば
iPhone電気ひざ掛けです。

電気ひざ掛けはまさに文明の利器ですよ。

1か月の電気代は数百円と格安。

十分にあったかいので、
これ1枚あればほかの暖房器具は不要です。

電気ひざ掛けの何がいいのかというと
下半身だけ温めることができる点。

じつは、体は温めても、
頭は冷やしておいたほうが、勉強や作業がはかどるんです。

エアコンや石油ヒーターだと
頭がボーっとしてしまいますよね。

電気ひざ掛けなら、
「体はホットに、頭はクールに」
寒さ対策できますよ。

私が使っている、おすすめの電気ひざ掛けはこちらです。
↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑
人気商品なので、売り切れる前に購入したほうがいいですよ。

これを友人に教えてあげるたびに
「いいもの教えてくれてありがとう!」と毎回感謝されています。

 

厚着

寒さ対策といえば、厚着。

冬の部屋着の基本装備は以下です。

  • ヒートテック(タイツ&タートルネック)
  • ルームシューズ
  • レッグウォーマー
  • アームウォーマー
  • ダウンジャケット

私の経験上、寒さは「3つの首」からきます。

首、手首、足首ですね。

ここをしっかりガードすることで
ビックリするほど寒さが軽減しますよ。

アームウォーマーは最近使い始めたのですが
あったかくておすすめです。

アームウォーマー

アームウォーマー

あったかいのですが、注意点として
アームウォーマーは手作業がしづらくなります。

読書ぐらいなら問題ありませんが
パソコンのキーボードはけっこう打ちづらいです。

ペンが滑るので、文字も書きづらいです。

指の途中まであるやつだと
手作業にかなりストレスを感じます。

なので、手作業をしたいかたは
手の甲までのやつがおすすめですよ。

私が使っているアームウォーマーも、手の甲までのやつです。

 

ダウンジャケットですが
ユニクロの薄っぺらいやつではなくて
本格的な分厚いやつがいいですよ。

ブランド名でいうと
カナダグース」や「モンクレール」がおすすめです。

ダウンジャケットの保温能力は
値段に比例すると思います。

 

窓の冷気対策

最後は窓の冷気対策です。

カーテンをしていても、窓からは冷たい空気が流れてきます。

そこで、少し工夫しましょう。

  • 窓にプチプチシートをはる
  • 窓の前にダンボールを立てる
  • カーテンを長くする

カーテンを床につくぐらい長くして、下図のように折り曲げましょう。
↓(画像はクリックで拡大)

長いカーテンを折り曲げる

長いカーテンを折り曲げる

こうすることで、冷気が流れてくるのを防げます。

また、カーテンを二重にするのもいいですよ。

その際は、レース地ではなくて
厚手のカーテンを二重にしましょうね。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す