発達障害の大人の症状は?あなたもチェックリストで診断してみる?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 441

高校や大学を問題なく卒業したのに、仕事でミスが多い。
a0002_000473
それは発達障害の症状かもしれません。

近年、発達障害を大人になってから自覚するケースが増えています。

この記事では、発達障害の概要と、チェックリスト、対処法を紹介します。


スポンサード リンク



 

発達障害とは?

発達障害とは、生まれつきの脳の病気のことです。

発達障害者の親も発達障害であることが多いため
遺伝が原因だといわれています。

いわゆる「知的障害者」に比べ、
発達障害者は知能レベルが高く
高校や大学を問題なく卒業することも多いんですね。

そのため、大人になるまで
自分が発達障害だと気づかない
人もいます。

これには次のような理由があります。

学校の勉強とは違い、仕事は一人ではできません

仕事=人とのコミュニケーション」だからです。

ところが、発達障害者は、人とのコミュニケーションが苦手です。

ですから、発達障害者は仕事でミスが多いんですね。

それで、就職後に発達障害を自覚するのです。

 

発達障害には、
大きく分けると以下の4つがあります。

  • 自閉症
  • 学習障害
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)
  • アスペルガー症候群(高機能自閉症)

順番に症状を説明しますね。

自閉症

  • 1つのことに異常な執着をもつ
  • 好きなことに没頭する
  • 環境の変化を嫌う
  • 臨機応変な対応ができない
  • 会話や意思疎通が困難
学習障害

読む、書く、聞く、話す、計算などの
基本的な学習行動のうち、どれかが困難です。

文章を音読できなかったり
2桁の足し算ができなかったりします。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

  • 不注意である
  • 集中力が続かない
  • 衝動的な行動をする
  • 落ち着きがない
  • じっとしていられない
  • 部屋や机の上を片付けられない
  • 忘れ物が多い
  • 遅刻が多い
  • 失言が多い
  • 計画的な行動ができない
  • 怒りや悲しみの感情をおさえられない
  • 子どもの頃のイヤな思い出を引きずっている
アスペルガー症候群(高機能自閉症)

※高機能自閉症とは、知能指数(IQ)が70以上ある自閉症のことです。

  • 会話は可能だが相手の気持ちが理解できない
  • 言われた言葉をそのまま受け取る
  • 空気が読めない
  • 冗談が言えない・通用しない
  • 愛情や友情が理解できない
  • 優先順位がつけられない
  • 同時に2つ以上のことができない

 

大人に多い発達障害は?

発達障害を大人になってから自覚するケースでは
ADHDまたはアスペルガー症候群が圧倒的に多いです。

なぜなら、通常の自閉症や学習障害は、症状がわかりやすいため
学校生活の中で発見されることがほとんどだからです。

子どものうちに発達障害を自覚できず
そのまま社会に出てしまうと、
周囲の理解が得られず、つらい思いをする可能性があります。

早い段階で自覚できれば、
自分の弱点を克服するための対処もできます。

ですから、まずは発達障害を自覚することが大切なのです。

ちなみに、大人になってから発達障害を自覚した人たちは、
みなさん口を揃えて「ホッとした」「安心した」などと言うそうです。

異常な行動の原因がわかり、
対処すべき課題が見つかることで
目の前の霧が晴れるように、すがすがしい気持ちになれるんですね。

 

発達障害チェックリスト

では、発達障害の症状をチェックしてみましょう。

こちらのサイトがおすすめです。
⇒エイメン・クリニック式ADD分類チェックリスト
⇒自閉症スペクトラム指数 自己診断

発達障害の疑いがあるなら、心療内科か精神科で
カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

仕事のミスをなくすには?

仕事でミスが多いのは
発達障害の症状ではなくて、
単なる性格経験不足が原因の可能性もあります。

私も、新卒時代はかなりミスが多かったのですが
工夫することで少しずつミスが減っていきました。

あなたも、仕事でミスが多いと自覚しているのなら
次の人気記事を読んでみてください。
⇒仕事ができない人が劇的に進化できるノート術とは?
⇒コミュニケーション能力を向上させる方法は?就職活動 恋愛に効果大
⇒片付けられない女性必見!脳の病気でも部屋をきれいにするコツは?

私は、これらの記事で、あなたの脳内に革命を起こす自信があります。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

1件のコメント

  • ただし、治らない事も多々あり、結構苦しむ事があります。周りから差別的な言葉を言われたりします。一番辛いのは哀れみの視線です。

コメントを残す