性格を変えたい人が5分後から別人になる方法は?私の成功体験!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 436

あなたの性格は、今まさに変わり始めています。
a0001_017421
「性格は変えられない」と言う人もいますが、私はそうは思いません。

なぜなら、私自身が、努力して性格を変えたからです。

この記事では、性格を変えたい人のために、コツをまとめました。

5分後、あなたは別人になっていますよ。


スポンサード リンク



 

性格を変えたいと思った理由は?

恥ずかしながら、私は学生時代
「自分は性格がいい」と思っていました。

ですが、就職後、自分の性格の悪さを自覚し始めたのです。

「キミはネガティブだよね」

自己中だよね」

思いやりがないよね」

ホスピタリティ(もてなしの精神)が足りない

上司や先輩社員から
このようなことを頻繁に言われたのです。

自分では、人並みに性格がいいと
思い込んでいたので、正直かなりショックでした…。

「このままではダメな社会人になってしまう」

当時は営業職だったこともあり
私は「性格を変えたい」と思うようになりました。

 

方法は全部そこに書いてあった

私はそれまで、ほとんど本を読んだことがありませんでした。

ですが、
自分の性格を変えたい一心で
私は自己啓発本に答えを求めました。

※よろしければこちらの記事もどうぞ。
⇒自己啓発本のおすすめは?この3冊だけ読めばOKです!

何冊も自己啓発本を読み
できることはすぐに実践していきました。

実践⇒修正⇒実践⇒修正…の繰り返しです。

その結果、数か月後には
変わったね(いい意味で)」と言われるようになりました。

 

性格を変えるための3ステップ

前置きが長くなりましたが
いよいよ性格を変える方法に触れていきましょう。

性格を変えたいと思ったら
以下の3ステップがあることを覚えておいてください。

  1. 自覚
  2. 模索
  3. 進化

順番に説明しますね。

 

(1)自覚

「私って性格悪いのかも…」

これに気づけた瞬間から、進化は始まっています。

ソクラテスは言いました。

「我々が知っているのは
 ”我々は無知である”ということだけだ」

まずは自覚することが成長の第一歩なのです。

ですから、あなたはすでに
進化の入口に立っているのですよ。

世の中には、
自分の性格の悪さに気づかず
周囲に迷惑をかけ続ける人がたくさんいます。
昔の私ですね…)

自覚できるかどうかが、人生を決めるのです。

 

(2)模索

自覚できたら、次は模索が始まります。

模索とは「実践と修正」のことです。

自己啓発本を読んだり、セミナーに参加したり。

こうして、インターネットで検索したり。

学んだことは、必ず実践しましょうね。

行動を変えていけば、性格が変わっていきますよ。

 

(3)進化

学んだことを実践し続けていると
「あ、自分成長したかも」と思える瞬間がやってきます。

私の場合は、あるときから
「変わったね」と言われるようになりました。

また、昔は許せなかったことが許せるようになったり
嫌いだった人に感謝できるようになったりします。

「あの頃は私も子どもだった」

そう思えるようになってきたら
進化できた証拠ですよ。

 

ちなみに、性格は変わり続けていくものです。

進化に終わりはないということです。

現状に満足した瞬間、進化は終わり、退化が始まります。

だから、
この記事を読んでくれたあなたには
死ぬまで進化し続けてほしいのです。

ディズニーランド戦略
ディズニーランドは「永遠に未完成」がキャッチコピーです。

「完成したと思えば、努力が止まり、あとは衰退するだけ」という意味ですね。

私も、永遠に未完成でありたいと思っています。

 

思考⇒行動⇒性格

性格を変えたいと思ったら
思考法を学ぶのが一番です。

なぜなら、性格とは、

「あなたの行動に対して、周りの人がつけた名前」だからです。

周りからの評価と言い換えることもできますね。

性格(評価)を変えるには、行動を変えるしかない。

そして行動を変えるには、思考を変えなくてはいけない。

つまり、思考法を学ぶしかないのです。

あなたの性格(評価)は、きっと変えられます。

私の思考法研究をこちらのカテゴリーでまとめています。

あなたの脳内に革命を起こす記事ばかりなので、読んでみてくださいね。
⇒「思考法・生き方」の記事一覧


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す