単身赴任は離婚とうつ病の原因?誰も悲しまない最善策はコレ!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 338

私の実家はけっして裕福ではありませんでした。
047102
それでも、なんとか大学を卒業させてくれた両親には、とても感謝しています。

ですが、私がそれ以上に両親に感謝しているのは、家族が離れることなく、いつも笑顔で、明るい家庭を保ってくれたことです。

ところで、単身赴任をきっかけに
家庭が崩壊してしまう例が少なくないようです。

この記事では、単身赴任のリスクと、対処法を紹介します。


スポンサード リンク



 

単身赴任で崩壊する家庭は多い

先日、私の友人の転勤が決まったんです。

彼は、付き合っている彼女と
一緒に引っ越して、同棲するようです。

それがきっかけで、ふと思いつき
「単身赴任 離婚」
「単身赴任 うつ病」
でインターネット検索してみました。

すると、インターネット上には
悲しい事例が溢れていました。

「3年間の単身赴任後、夫が不倫し、離婚」

「5年間の単身赴任後、夫が不倫し、離婚」

「当初は毎週末帰省していたのが
だんだん回数が少なくなり、夫が不倫し、離婚」

「車で3時間の道のりを毎週帰省。
疲れがたまり、夫がうつ病に」

「単身赴任中の夫の
楽しそうな生活ぶりにイライラし
妻がストレスで神経症に」

このような事例は無数にあり
とても一日や二日では
全部読むことはできそうにありませんでした。

いくつもの事例を見て気づいたのですが
単身赴任中の男性がうつ病になるのは
妻や子どもに会えない寂しさが大きな要因のようです。

 

単身赴任は人生の分かれ道

「単身赴任がきっかけで家庭円満になった」

というレアな事例も見かけましたが
ほとんどは離婚まではいかなくとも
夫か妻のどちらかが、ストレスで心を病んでしまうようです。

「家族は一緒に暮らしてこそ、家族である」

「単身赴任中の夫は、ただの給料袋」

「子どものために、夫には犠牲になってもらっている」

このような意見もありました。

お金があったとしても
うつ病になってしまえば、取り返しがつきません。

あなたにとって、本当の幸せとは一体何でしょうか?

お金はあるけれど、誰かが病んでいる状態ですか?

家族が揃って笑顔でいることですか?

ちなみに、
お金は取り戻せますが、時間は巻き戻せません。

よく考えて、決断してください。

単身赴任は人生の分かれ道なのです。

 

幸せを追求した最善策は?

私は、いくつもの単身赴任の事例を
自分の身に置き換えて、考えてみました。

そして、
おそらくこれが最善だろうという策にたどり着きました。

それは、

「夫の単身赴任先に家族でついていく」です。

転校は、子どもにとってつらいものかもしれません。

ですが、家族が揃ってさえいれば
どんな課題にだって対応できます。

私は、あらゆる可能性を考えたときに
この方法が一番、家族全員の幸せにつながると確信しました。

家族で過ごす時間や、一度失った健康な心は、取り戻せません。

でも、お金はあとから取り戻せます。

家族の幸せがなくて、お金だけあっても
そこになんの意義があるのでしょうか?

これだけ私が「心の健康」にこだわるのには、理由があります。

私には、うつ病の友人が何人かいるのです。

うつ病は、本当に苦しい病気です。

彼らが涙を流して苦しんでいるところを、間近で見てきました。

そして、一度壊れてしまった心を
100%完全に元に戻すのは、おそらく無理です。

これは悲しいことですが
私が友人と接する中で感じた、厳しい現実です。

だからこそ、
単身赴任が決まった家庭には
お金よりも心身の健康を優先する決断をしてほしいのです。

 

何度も言いますが、時間は戻せないけれど、お金は取り返せます。

どうか、お金という魔物
家族の幸せを壊されないようにしてください。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

3件のコメント

  • ふわりんこ

    単身赴任、できれば避けたいけれど、実際はそうも行かないんですね。うつ病、離婚の危機、それでも定年まで海外単身赴任は続く我が家。自分が体験しないとわかりません。

  • りこ

    単身赴任を選択する時点で、

    夫として、家族への関わりを拒否してます。

    自分の事だけしか考えられない。

    家族共に乗り越える意識のない夫。

    そういう夫が単身赴任をします。

    単身赴任が原因でなく、

    それまでの夫のバカさですよ!

  • りな

    家を買って半年で直ぐに転勤になってしまいました。家族で話合って、はじめは単身で頑張ろうと決めましたが、1年までは生活に慣れるのが大変でいっぱいいっぱいでしたが、1年が過ぎて生活に余裕が出てくると、主人も私子ども達も考える時間が出来、寂しさが襲ってきました。子どもの前では私の泣く姿は見せられないと毎日明るく過ごしてはいます、性格的にも暗くはないのですが
    、ストレスで500円ハゲが出来、夜も寝れなくなり少しづつ離れて暮らす事に違和感を感じ、もっとみんなで柔軟に考え、先を見過ぎずに今の時間を大切にしようと、家を売る決断をしました。
    おっしゃるように家族一緒だとどんな事も乗り越えられると私たち家族の答えが出ました。

コメントを残す