人生に疲れたあなたへ がんばらずに幸せになる方法とは?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 415

まずは「おめでとう」と言わせてください。
a0002_011013
なぜなら、あなたはこれから数分間で人生を変える力を手に入れるからです。

もし、ここに書いたことを、あなたが本気で実践すれば、あなたの人生はすぐに好転します。

私はこれまで何冊も本を読み
成功者に会って話を聞いてきました。

そして今も学び続け
自身や友人の人生を変え続けています。

この記事では
人生に疲れたあなたの背中を押す
魂の言葉をお届けします。


スポンサード リンク



 

あなたが人生に疲れた理由は?

あなたは人生に疲れたと感じて、ここへやってきたはずです。

なぜ、あなたは人生に疲れたのでしょうか?

「運が悪かったから?」

「付き合った相手が悪かったから?」

「親が悪かったから?」

「子どもが悪かったから?」

「性格が悪かったから?」

「頭が悪かったから?」

「顔が悪かったから?」

いいえ。どれも違います

正解は、

「方法を知らなかったから」です。

方法を知れば、いつだって笑顔で、幸せでいられます。

もちろん、人生に疲れたと感じることもありません。

あなたにはその方法を
この記事で知ってもらいます。

 

人生を変える方法 必読記事

さて、あなたにはこれから
人生を変える方法を知ってもらいます。

その前に、こちらの記事を読んでおいてください。
どれも私の思考法研究を凝縮した記事です。
↓(いずれも5分以内で読める内容です)
⇒生きる意味が分からない人が人生を変える方法は?
⇒幸せになる方法とは?今すぐ人生を変えるには?
⇒死にたい 消えたいと思ったときの対処法は?自殺を相談された私

さて、上記の記事を読んだなら
人生を変える方法の概要はわかってもらえたと思います。

次項でさらに思考を深めていきましょう。

 

今日から人生を変えるための思考法

ここからは、あなたがこの先の人生を
笑顔で元気に過ごすための思考法を紹介します。

 

■世の中には希望も絶望もない

世の中には、希望も絶望もありません。

幸せも不幸せもありません。

勝ち組も負け組もありません。

あるのは、あなたの思い込みだけです。

たとえば、あなたが交通事故を起こしたとします。

「車が廃車になって最悪」(ネガティブ)

「死ななくてラッキー」(ポジティブ)

このように、思考法が変われば、人生は変わりますよ。

 

■不幸自慢は不能自慢

過去の不運を思い出して
暗い気持ちになるのはやめましょう。

私の経験上、不幸自慢しても
負のオーラしか集まってきませんよ。

楽しいこと、うれしいこと、好きなことを考えてください。

「そんなものはない」というなら
がむしゃらに動いてください。

情熱を注げるものが、きっと見つかりますよ。

不幸自慢は、死んでから神様にでも聞いてもらいましょう。

※ちなみに私の今の楽しみは
ワンピースの続きを読むことと
2014年のブラジルワールドカップです。

 

■あなたは超幸せ者

あなたは気づいていないかもしれませんが…

じつは、あなたは超幸せ者です。

誰がなんと言おうと、あなたは超幸せ者。

なぜなら、あなたは生きているからです。

人生で、不幸なことがたったひとつだけあるとしたら
それは「必ず死ぬ運命にあること」ぐらいですよ。

 

■人生は死へのカウントダウン

私たちが生まれた瞬間から
死へのカウントダウンは始まっています。

人生は有限であり、喜びも悲しみも
いつか必ず終わってしまいます。

それなら、笑っていたほうが得だと思いませんか?

私は、死の瞬間も笑っていたいです。

 

■あなたは悪くない

これまでの人生、いろいろあったと思います。

ですが、あなたは悪くありません。

なぜなら、あなたは方法を知らなかっただけだからです。

今日から人生を変えていきましょう。

きっと、できますよ。

私にもできたんですから。

 

あとはあなた次第

私にできるのは、ここまでです。

あなたに魔法の力を手渡すことはできます。

ですが、その魔法の力を
使うかどうかはあなた次第です。

 

もしまた人生に疲れたら
私の言葉を思い出してもらえるとうれしいです。

あなたのこれからの人生が
すばらしいものになりますように。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

22件のコメント

  • 小林

    どうも、高校3年生の
    男子高校生です。
    ほほう知恵袋を
    今日はじめて
    読ませていただきました。
    あなたの思考法は
    僕にとって、すごく
    納得のできるものでした。
    あなたのおかげで
    これからの僕の生き方が
    いい方向へ
    転ぶような気がします。
    ぜひ、
    実践させていただきたいと
    おもいます。
    本当にありがとうございます。

    • 管理人

      コメントありがとうございます。

      私の思考法に共感いただけたようで、うれしいです。

      人生は、自分自身が望んだようにしかなりません。

      小林様自身が、

      「いい方向へ転ぶような気がする」

      というのであれば、それはおそらく、実現します。

      人生を変えられるのは、
      小林様のように「実践」できる人だけです。

      今後も、私の思考法を投稿し続けていくつもりです。
      またいつでも、当ブログへ遊びにきてくださいね。

  • 山本

    中3の娘と二人暮らしのシングルマザーです。この頃娘とは言い合いばかりで、むなしい毎日です。今が頑張る時期なのか、なかなか辛いことばかりです。ブログを読ませていただいて、「あなたは悪くない」という言葉は、私の心をとても暖かくしてくれました。ありがとうございます。

    • 管理人

      コメントありがとうございます。

      心あたたまっていただき、うれしく思います。

      人生は思考法によって、白にも黒にも変わる
      不思議なものだと感じています。

      当ブログでは、幸福を追求する思考法を
      引き続き研究、公開していきます。

      またいらっしゃってくださいね。

  • 匿名

    大学落ちてしまいました。
    どうしていいかわかりません。周りには有名私大合格者がすでに大勢いてつらいです。

    • 管理人

      >匿名様

      コメントありがとうございます。

      大学に落ちてしまわれたとのこと、心中お察しします。

      あなたの夢は何でしょうか?
      その大学に入りたいと思った理由、なぜその大学でないといけないのでしょうか?

      有名私大の合格者だからといって、自分よりも価値のある人間だなんて、思わないでください。

      人間の価値は平等です。

      大事なのは、あなたが何をしたいのか、だと思います。

      大学に入るのは、手段であり目的ではないはずです。

      「試練は、最適なタイミングで訪れる」という私の持論があります。

      あなたが大学に落ちてしまったことは
      あなたにとって、何か意味があるはずです。

      もう一度、あなたの夢、目標、生きがい、ワクワクすることを、紙に書き出してみてください。

      きっと巻き返せますよ。応援しています!

  • 匿名

    生きていくのが辛くなってここに来ました。
    考え方見方を変える事
    わかっていてもなかなか変えられないですね。

    • 管理人

      >匿名様

      コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおり、考え方を変えるのは、最初は難しいかもしれません。

      考え方とは、言い換えれば「性格」のようなものなので、変えようと思ってすぐに変えられるものではありません。

      ですから、私は考え方よりも、「行動」を変えることが大切だと思います。

      たとえば、誰かに「ありがとう」と口に出して言ってみたり、鏡を見て、毎朝笑顔で「おはよう」と自分に言ってみたり。

      こうした小さな行動の変化が、いずれ大きな変化になると信じています(バタフライ効果)。

      おそらく、人生や性格を変えることができない人は、こうした小さな変化すらも、やることができず、努力することができない人なのだと思います。

      私は、変わり続けていきたいと思います。

      精進してまいります。

  • はる

    生きて行くことが辛く誰にも相談できません

    • 管理人

      >はる様

      コメントありがとうございます。

      生きていくことがつらい、とのことですね。

      私の回答で何か気づきを得ていただければと思い、愛を込めて回答させていただきます。

       

      私にも、生きている理由がわからなくなって、「死んだほうがラクなのではないか?」と思っていた時期がありました。

      社会人1年目の頃です。

       

      毎日毎日、乗りたくもない満員電車に乗って、着たくもないスーツを着て、やりたくもない営業ノルマをただひたすらこなしていた時期です。

      何度、「この線路に飛び込んだら、ラクに死ねるかな?」と考えたことでしょうか。

      毎週日曜の夜には不安が襲ってきて、平日は毎朝ベッドから起きるのが本当に苦しかった。同僚や先輩、上司も、まわりがすべて敵に見えた。人の笑い声がすると、「自分が笑われているのではないか?」と不安になった。

      そんな絶望の時期が、私にもあったんです。

       

      私が、なぜそこまで病んでしまったのか?

      それは、「夢がなかったから」。

      この一言に尽きます。

       

      人は、目標がないと、生きていけない生き物なのです。

      まるで、灯台や羅針盤がないと、船が海で迷ってしまうかのように、夢がないと人は迷ってしまうのです。

       

      ですから、私がはる様に提案したいのは、まずを見つけてほしいということです。

      「夢の見つけ方なんてわからないよ」と思いますよね。

      大丈夫です。

      夢は暫定的でいいんです。

      「暫定的(ざんていてき)」とは、「とりあえず」という意味です。

      夢の見つけ方は、こちらの記事に書いてあります。
      ⇒将来の夢がない高校生や大学生が3分後に夢を見つける方法は?

       

      どんな小さな夢でもいいので、まず夢を設定しましょう。

      ちなみに、私の当面の夢は、
      ・サッカー日本代表がブラジルワールドカップで活躍するのを見る。
      ・漫画「ワンピース」の最終回を読む。
      ・当ブログで、誰かの役に立つ。

      こんなものです。

       

      つらくてつらくてたまらないとき、したいと思うことをしてください。

      あるいは、昔からやりたかったことをやってください。

      何年も心に引っかかっている、やり残していることを今すぐやってください。

      もし、今すぐにできそうもないなら、なんとしてでも、その方法を考えてみてください。

      本気で夢を設定すれば、今取り組んでいる苦しいこともすべて、夢のための手段である、ということがわかってきます。

      「このつらいことの先には、夢が待っている」と自分に言い聞かせるのです。

      ちなみに、「このつらいことの先には、何もない。だから、永遠に苦しい。夢も希望もない」というのが、うつ病になる人の思考回路です。

       

      参考になれば幸いです。

      精進してまいります。

  • 匿名

    自分のやりたいことを見つけて、現在仕事をしていません。
    私のやりたいことを家族が応援してくれず
    「ちゃんと仕事に就きなさい。何のために大学入ったの?」
    とか「親戚に今の(私の)状況聞かれる時、困るんだけど」など言われます。

    やりたいことを諦めたくないのですが、今の状態がすごく辛いです。

    • 管理人

      >匿名様

      コメントありがとうございます。

      自分のやりたいことを見つけられたのですね。おめでとうございます。

      私の思うところを回答させていただきます。

       

      まず、この世には、2種類の人間がいます。

      (1)自分の夢を見つけて、夢に向かってがむしゃらに突き進む人。

      (2)自分の夢を見つけられず、あるいは、途中で夢をあきらめ、自己正当化しながら生きる人。

       

      夢をもたない人は、「ドリームキラー」とも呼ばれ、人の足を引っ張ることに生きがいを感じています。

      多くの場合、ドリームキラーは家族や恋人など、身近な人に多いのです。

       

      失礼ながら、あなたの夢を応援してくれないご家族は、全員がドリームキラーです。

      ドリームキラーは、自分自身が夢をもったことがないため、夢に向かって努力したことがなく、当然、現在も、命をかけてでも成し遂げたいという、情熱も持ち合わせていません。

      そして、あろうことか、他人の夢を応援するのではなく、足を引っ張ろうとするのです。

      「そんなの、どうせ無理だからやめておきなよ」とか

      「現実的に考えろ」とか

      自分が夢を見たこともないから、あるいは、夢をあきらめてしまったから、夢に向かって突き進む人が「うらやましい」のです。だから、全力で他人の夢を阻止しようとする。そうやって、ドリームキラーは生まれます。

      親や家族というドリームキラーに夢を邪魔され、多くの人が夢をあきらめてしまいます。

      あなたは負けないでください。

       

      さて、あなたが今後、どうするべきか?

      私なら、

      ドリームキラーのノイズは一切無視して、命をかけて全力で夢に向かって突き進みます。

       

      あなたがこの世に生まれてきた理由は、今まさに、あなたが成し遂げようとしている、その夢を実現するためなのです。

      たとえ家族であっても、ドリームキラーの声は一切聞いてはいけません。

      もし、あなたがここで自分を曲げてしまうと、他人の人生を生きることになります。そして、他人の人生を生きるということは、精神を病み、うつ病になり、最後は自殺という最悪の結末に至る可能性が高いのです。

       

      私はあなたに、ドリームキラーを全力で無視することをおすすめします。

      回答は以上です。

      今後も、精進してまいります。

  • 匿名

    中3の娘が不登校になりました。よりによってこの時期に。
    一緒にテレビを観たり、雑談したりはむしろよその家庭よりも多い方だと思いますが、
    不登校のことになると一切口を聞いてくれません。
    私よりも本人の方がよっぽど辛いのはわかっていますが
    気持ちをどう持って行けばいいのかわかりません。
    アドバイスありましたらお願いします。

    • 管理人

      >匿名様

      コメントありがとうございます。

      お子様が不登校になったということですね。回答させていただきます。

       

      不登校(学校恐怖症)の対処法の鉄則は、「無理やり学校に行かせようとしないこと」です。最低でも3か月ぐらいは、本人がしたいようにさせてあげてみてください。

      そのうち退屈を持て余して、学校に自発的に行くようになるケースも多いです。

      不登校は、抑圧された何かが表面化してきたものです。原因は必ずありますが、無理に聞き出そうとするのは、心理カウンセラーでも難しいですね。

       

      不登校の対応では、まずは親御さんが「学校は行かなくても大丈夫。重大なことではない」と気軽に構えることが大切です(これが難しいのですが)。

      別に学校に行かなくても、勉強がしたいなら自分で勉強することもできます。一番大切なのは、「モチベーション」です。つまり、生徒本人のやる気です。

      生徒本人がやる気を出すためには、不登校にどっぷり浸からせてあげることが解決の近道です。中途半端に学校に引っ張り出しても、精神に深いキズを負い、自発的なやる気を失い、もしかしたら一生を棒に振るかもしれません。

       

      繰り返しますが、今の時代、学校に行かなくても勉強はできます。ですが、「やる気」は本人が見つけるしかありません。

      しばらくは、本人のやりたいようにやらせてあげてみてはいかがでしょうか。

       

      ※私は学校の教師でもカウンセラーでもなく、ただのブロガーですので、あくまで参考程度のアドバイスとしてお受け取りください。

  • まー

    こんばんは!37歳、女性です。
    幼い頃から夢がなく、今でも探し続けていますが見つかりません。
    仕事は一生懸命し、ある程度認められ中間管理職になった時に
    満足し、これからは家庭を築いて行こうと思い退職して結婚し主婦になりました。
    主人の事は大好きですし、今のポジションに不満はありません。
    ですが、もう前から長くは生きていたくないと思っています。
    何故なら、これだけ生きてればもう初めて体験するものも少なくなってワクワクもドキドキもしないしつまらないです。
    趣味の海外ドラマ鑑賞は楽しいですけど、続きが出るから続きが見たい。でも、新しいドラマはたくさん出てくるから私が、続きを見れなくて死んでもそれはそれで普通だなと思います。
    自殺しようとは思わないですけど、親より早く死んだら親不孝だなとは思います。批判するつもりもないですが、自分だけでは生きていられないですよ?親や周りの支えあっての自分です。その周りの人の気持ちを考えずに自分の夢を貫くのはワガママだと思います。間接的に自分主義の人間が増えそうにさえ感じます。
    そもそも夢が叶った時1人なら寂しいですよね。
    器用に社会に適応出来ず、楽しみを見いだせず、結果早く死にたいになるにかなぁ、、、乱入、すみませんでした。

  • J

    はじめまして。30代男性の会社員です。
    ブログを読ませて頂きました。
    実は私、2年弱ほど仕事に就いておりませんでした。
    このままではいけない!と、何度も何度も面接を繰り返し、
    ようやく先日から社会人として復帰したばかりです。
    ですが、焦っていたのもあったのか、全然職場が自分に合わず、
    まだ1週間しか経っていないのに、すでに辞めたい気持ちになっています。
    しかし、会社からは『顧客との契約上、半年は辞めさせないから』と言われ、
    今まで迷惑をかけていた親にも、少しずつですが恩返ししなければという
    気持ちがあり、なかなか素直に自分の気持ちを出せません。
    ただおそらく自分の中で答えは出てると思うのですが、怖くて踏み出せません。
    (また失業中が長引く可能性もありますので・・・)
    『辞めたければ辞めればいい』という言葉はその通りだと思いますし、
    そうしたいのですが・・・先の事を考えすぎなんですかね?
    気楽に自分勝手に生きられる人間になりたいです。自分も。

    • 管理人

      >J様

      コメントありがとうございます。

      先のことは考えないほうが人生を楽しめます。先のことは考えず、「今この瞬間」だけに集中するようにします。すると、そのときになってから対処する、いわば「行き当たりばったり力」とでも呼ぶべき、臨機応変な対応力が身につきます。

       

      ほとんどの人は「将来の不安」や、いずれ必ず訪れる「死の恐怖」におびえます。

      これは、言い換えれば「先のことを考えること」から来る弊害なのです。

      そういう、将来不安症候群の人たちは、自分で自分を殺していると思います。

       

      ところで、J様の言われる「親への恩返し」とは、具体的に言うとどういうことでしょうか?

      ここをぼんやりとさせたまま生きてしまっては、この先も苦しい気持ちが続くかもしれません。

      ちなみに参考までに、私が考える親孝行とは、「自分自身が、好き勝手に生きること」だと思っています。なぜなら、好き勝手に生きることは、各人に課せられた人生の義務だからです。(もちろん、他人に迷惑をかけない範囲で、自分勝手に、です。)

       

      やるべきことは、もやもやとした実態のない不安におびえることではなく、問題を明確化・具体化して、一歩ずつ足を進めることです。

      参考にしていただければ幸いです。

      私も日々精進してまいります。

    • J

      返信ありがとうございました。
      先日、投稿させていただいたJです。

      言葉足らずで申し訳ありませんでした。
      自分の言う『親への恩返し』というのは、
      休職中や、今回の就職において、金銭面で負担をかけてしまったので、
      少しずつでも仕送りをして返そうというものでした。
      ただ『親孝行』という点では、管理人さんのおっしゃる事もわかります。
      私も好き勝手に生きたいですから。

      前回の投稿からさらに一週間経って、辛さが増してきました。
      帰宅しても次の日の仕事の事を考えてしまいますし、休日もあまり休んだ気がしません。
      管理人さんのご指摘通り、先の事を考えすぎなんですね。

      また長々と書いてしまって申し訳ありません。
      (就職で県外に出てきてしまったので、相談出来る人間がいないため、つい・・・)
      少しでも自分の心に負担をかけないように、心が辛くならないよう気持ちを
      切り替えようと思います。

      本当にありがとうございました。

  • 匿名

    人生に疲れたで検索していたら、このブログに辿り着きました。

    私は、現在就活中です。といっても学生ではないんですが。

    なかなか仕事が決まらず、連絡いたところが今日で全部だめになってしまい、もうどう生きていっていいのかわからなくなりました。

    自分でも、なるべく考えすぎないようにとか、気楽にいこうと思ってはいるんですが。

    金銭面にも余裕がなく、本当に疲れてしまいました。
    死にたいとまでは思わないけど、割と近い状態です。

    やりたいことや夢もあるのですが、仕事が決まらないとどうにもならず…
    なんかもう行き詰まって疲れてわからなくなってます。

    意味不明ですいません。

    • 管理人

      >匿名様

      コメントありがとうございます。

      回答させていただきます。

       

      まず、あなたにはやりたいことや夢がある、これは非常にすばらしいことです。夢が見つからず、苦しんでいる人もいます。昔の私もそうでした。夢がないと、「こんな人生、生きていても意味がない」と感じて、「死んだほうがラクになれるのではないか」とか、考えてしまいがちです。

      そして夢があるなら、すべての出来事は夢のために必要なことだと理解してください。夢のためにお金がいることも、そのための就職活動も、なかなか仕事が決まらないことも、どう生きていいかわからず途方にくれることも、すべて、あなたの夢に必要なかけがえのないパズルのピースなのです。

      「こんなこと、無駄じゃないか」などと、決して思わないでください。すべての事象は、あなたの夢に重要な意味をもっています。今はわからなくても、あとあと点がつながり、線になっていきます。

       

      苦しみ抜くことも、生きることの醍醐味です。死んだらゲーム終了。あきらめたらそこで試合終了ですよ。

      あと、私の経験上、不安や悩みというのは、手足を動かしていれば消えていきます。

      夢の過程を、もがき続けましょう。

  • しょ

    なんだか、最近人生に疲れています。
    29歳女フリーター独身です。うつ病になり、正社員を辞めてから転落人生です。
    彼氏はいますが、まだ結婚したくないみたい。親からも結婚はまだかと催促ばかり••なんだか、もう何もかも疲れました。
    正社員で働きたいけど病院の先生からは無理だと。。なんか、考えがまとまらなくてすいません。

  • 狩野

    私は高校3年で受験を控えています。一般的な努力はしていると思っているのですが、同時に自分にはもっとできるはずだからやらなくちゃとも思ってしまいます。でも、やらなくてはいけないことではないために本気でやって自分を満足させられません。あとになって「あの時がんばっていれば」と少しでも思ったら嫌だなと思うので自分を納得させるほどの努力がしてみたいです。背中を後押しする言葉をいただけませんか?よろしくお願いします。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル