お酒に強くなる方法とは?これで出世できる!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 242

お酒に強くないと出世できない」
a0001_015347
こんな言葉があるほど、日本の社会において、お酒が飲めることは重要です。

たまに耳にする「お酒に強くなる方法」は本当に存在するのでしょうか?

この記事では、お酒に強くなる方法の真相を解明します。


スポンサード リンク




アルコール分解のメカニズム

まず、お酒に強くなる方法の前に
アルコール分解のメカニズムを簡単に理解しておきましょう。

この図を見てください。
↓(画像はクリックで拡大)

アルコール分解のメカニズム

アルコール分解のメカニズム

体内に入ったアルコールは
アルコール脱水素酵素(以下ADH)によって分解され
アセトアルデヒドになります。

さらにアセトアルデヒドが
アセトアルデヒド脱水素酵素2型(以下ALDH2)
ミクロソームエタノール酸化酵素(以下MEOS)によって分解されます。

その結果、無害な酢酸に変わり
最終的に水と炭酸ガスとなって体外へ排出されるのです。

アセトアルデヒドは毒性の強い物質で
これが頭痛、吐き気、二日酔いなどの原因になっているんですね。

ALDH2の働き具合は、遺伝によって決まります。

お酒に強い人
ALDH2の活性が強いので
アセトアルデヒドを分解するのが速い。

逆に、お酒に弱い人
ALDH2をほとんどもっていない
もっていても活性が弱いんですね。

だから、アセトアルデヒドを分解するのに時間がかかり
すぐに気持ち悪くなったり、二日酔いになったりするのです。

そして、ALDH2は
訓練で強くすることはできません。

ちなみに、日本人の約半数は
ALDH2の活性が弱いため
お酒に弱い人種といわれています。

お酒に強くなる方法は?

お酒を大量に飲み続けていたらお酒に強くなった

という話を聞いたことがありますか?

これは事実として、ありえます。

アセトアルデヒドを分解するMEOSは
訓練で増やすことができるのです。

訓練といっても、大量のお酒を継続的に飲み続けるだけです。

これにより、MEOSの活性が強くなるので、お酒に強くなれます。

ですが、MEOSは数週間お酒をやめると
元の弱い状態に戻ってしまいます。

それに、MEOSを使いすぎると肝臓にも悪いんです。

お酒に強くなり、出世した男

学生時代はまったくお酒が飲めなかった友人A。

それこそ、350mlの缶ビール1本で
フラフラになってしまうような弱さでした。

ところが、体育会系の会社に入社後
毎日浴びるように飲み、彼はお酒に強くなり、出世しました。

これは分解酵素MEOSが鍛えられた典型例ですね。

とはいえ、私は彼の肝臓が心配です。

あなたも、お酒はほどほどに楽しみましょうね!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す