アーモンドの栄養と効果は?ダイエット中のおやつに最適!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 314

イエット中の空腹感、つらいですよね。
WS000000
そこで、あなたにおすすめしたいのがアーモンド

アーモンドはダイエットに最適な食材として、近年注目されているんですよ。

この記事では、アーモンドの栄養と効果、1日の目安量などを紹介します。


スポンサード リンク




アーモンドの栄養成分の2本柱とは?

あまり知られていませんが、
アーモンドは美容やダイエットに最適な食材なんですよ。

というのも、あの小さな粒の中に
たくさんの良質な栄養成分を含んでいるからです。

特に注目したいのが、ビタミンEオレイン酸

アーモンドは

「世界一のダイエット食材」

といわれますが、秘密はこの2つの栄養成分にあるんです。

ビタミンEの効果は?

アンチエイジングにはビタミンEがいいといわれます。

なぜなら、ビタミンEには強力な抗酸化作用があるからです。

抗酸化って?
切ったリンゴが茶色く変色するのは、金属がサビるのと同じ原理で、細胞が酸化しているんですね。

これと同じことが人間の体内でも起きています。

つまり、体内がサビるんです。

体内がサビていくと、がんや生活習慣病、老化促進など、さまざまな悪影響が出ます。

抗酸化とは、体のサビ(酸化)に対抗することなのです。

アーモンドは1粒約1gの中に、ビタミンEを約0.3mg含みます。

ビタミンEは1日7~8mgが摂取量の目安。

なので、アーモンドの1日の目安量
20~25粒程度といわれています。

アーモンドは1粒約6キロカロリー

20粒で茶碗半分の白米と同じ程度のカロリーですね。

食べ過ぎには注意しましょう。

オレイン酸の効果は?

オレイン酸は、オリーブオイルに多く含まれる脂肪酸です。

腸の働きを活発にし、便秘解消を助けます。

また、コレステロール値を下げ、
動脈硬化や糖尿病、心疾患の予防にも効果があります。

アーモンドは約51%が脂肪ですが
その大部分がオレイン酸なので、安心ですね。

アーモンドの効果 まとめ

アーモンドには
ビタミンEやオレイン酸以外にも
たくさんの良質な栄養成分が含まれています。

亜鉛や食物繊維のほか、
脂肪燃焼ビタミンといわれる
ビタミンB2なども含んでいるんですよ。

最後に、アーモンドの
おもな効果を以下にまとめます。

  • 抗酸化作用がある
  • 便秘解消を助ける
  • コレステロール値を下げる
  • 貧血予防
  • 動脈硬化予防
  • 心疾患予防
  • 脂肪燃焼

こうやって見てみると、
ダイエット中のおやつに最適ではないでしょうか。

ちなみに、アーモンドは無塩のものがいいですよ。

塩分の摂り過ぎに注意です。

こちらのアーモンドは
楽天市場のレビューが9,000件以上ついており、おすすめですよ。

ポリポリッ」とアーモンドを食べて
ダイエットを楽しく続けていきましょう♪


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す