蒙古斑が消えない大人の割合は?レーザー治療の費用は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 220

赤ちゃんのお尻にある青いアザ
a0006_001426
これを蒙古斑(もうこはん)といいます。

ほとんどは子どもの頃に消えていく蒙古斑ですが、大人になっても消えない人もいます。

この記事では、蒙古斑が消えない大人の割合や、
レーザー治療で消す場合の費用、注意点などをまとめています。


スポンサード リンク



 

蒙古斑とは?

蒙古斑は、日本人やモンゴル人の
赤ちゃんのお尻付近に現れるアザです。

日本では、90%以上の赤ちゃんが
蒙古斑をもって生まれてきます。

ですが、3歳~5歳までに消えてしまうことがほとんどで、
成人になっても蒙古斑が残るのは3%~4%程度といわれています。

手首や足首などにできるものは
異所性蒙古斑といいます。

異所性蒙古斑は、消えるまでに少し時間がかかりますが、
これも成人するまでには、ほとんど消えてしまいます。

 

みんなは蒙古斑をどう思っているの?

20代や30代になっても
蒙古斑が消えていない人は意外と多いですよ。

普段、見える場所ではないので、
気にしていない人も多いですが、
温泉や海などで、蒙古斑を隠したいという女性もいます。

ご安心ください。

蒙古斑はレーザー治療できれいに消すことができるんです。

 

蒙古斑を消すレーザー治療とは?

蒙古斑を消すには、Qスイッチルビーレーザーを使います。

Qスイッチルビーレーザーは、
肌のシミ除去用の、レーザー治療装置です。

こちらはQスイッチルビーレーザーの動画です。
シミがとてもきれいに除去されていますね。
↓(再生時間 57秒)

レーザーの痛みは、輪ゴムで肌をはじく程度の痛さ。

保険適用(3割負担)で、
支払う金額は1回6,000円~12,000円ほどです。

保険適用の関係で、3か月以上の通院期間をあける必要がありますが、
3回~5回の通院で、蒙古斑はきれいに消え去りますよ。
※保険が適用できるのは5回まで

ジーンズはNG!
治療に行くときは
ワンピーススカートがおすすめです。

レーザー治療のあとは肌がヒリヒリするので
ジーンズは擦れて痛いですよ。

レーザーで簡単に蒙古斑を消して、
温泉や海を楽しみましょう♪


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す