パニック障害の症状とは?薬なしで治す方法は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 346

人ごみの中、の恐怖に襲われる。
a0002_004057
息苦しさを感じ、めまいがしてくる。

冷や汗をかき、息苦しさを感じる。

これらはパニック障害の典型的な症状です。

この記事では、パニック障害とうまく付き合い、
薬に頼らず克服する方法を紹介します。


スポンサード リンク




パニック障害とは?

パニック障害は、
脳の神経伝達物質のバランスが崩れる病気です。

昔は「不安神経症」ともよばれたパニック障害ですが、
英語名「Panic Disorder」を略して「PD」ともいいます。

パニック障害は珍しい病気ではなく
100人に2~3人は発症します。

発症の原因は、仕事や人間関係、
環境の変化や交通事故など、
精神的ストレスにあるといわれています。

パニック障害の症状は?

パニック障害になると、
特定の状況で、以下のような発作的症状が出ます。

  • 「死んでしまうのではないか」という大きな恐怖を感じる
  • 息苦しさを感じる
  • うまく呼吸ができなくなる
  • 発汗
  • 動悸
  • めまい
  • 過呼吸
  • 体の震え

特定の状況というのは、たとえば

  • 満員電車
  • 飛行機
  • 映画館
  • 地下室
  • エレベーター
  • 自動車
  • 以前発作が起きた場所

このような場所のことです。

予期不安と広場恐怖

パニック障害の症状には、予期不安広場恐怖があります。

予期不安とは、一度起こした発作が大きなトラウマとなり、
「また発作が起きるのではないか」と不安を募らせることです。

パニック障害患者は予期不安によって
神経質になり、精神を病んでしまいます。

パニック障害を発症すると、
うつ病アルコール依存症
併発するケースも少なくないのです。

広場恐怖とは、発作の恐怖のために、パニック障害患者が
特定の場所を避けるようになることをいいます。

特定の場所とは、過去に発作を起こした場所や、
人が多くて、閉鎖的な空間である場合がほとんどです。

広場恐怖が重症化すると、外出もできなくなってしまいます

パニック障害を薬なしで治す方法は?

パニック障害の治療法には
薬物療法精神療法があります。

ですが、薬物療法は、
不安感を薬でごまかすだけなので、
根本的な治療にはなりません。

また、薬には副作用があり、眠気倦怠感で動けなくなります。

患者を薬漬けにしている?
「精神科医は、利益のために患者を薬漬けにしている」という意見もあります。

薬はその場しのぎです。

治るものも治らなくなりますよ。

根本的に治すなら、精神療法です。

精神療法とは?

精神療法とは、精神を鍛え上げることです。

実際に以下の方法でパニック障害を治した人がいます。

  • 向上心をもつ
  • 読書する
  • 開き直る

パニック障害を早く治す人には共通点があります。

それは、医者に頼りすぎず、
自分で勉強して、治そうと努力している点
です。

常に向上心をもち、読書して
見識を広め、人間力を高めましょう。

また、開き直ることも大切です。

パニック障害で死ぬことはありません

発作が起きても死ぬことはないさ

人はいつか死ぬんだ。死を恐れることはない

このように開き直ることで、
発作が起きなくなったという人もいます。

※死ぬのが怖い人は、こちらの記事を読んでみてください。
⇒死ぬのが怖い理由は?死を体験する方法とは?

パニック障害克服に必要なのは、薬ではありません

精神を鍛え上げ、生まれ変わることなのです。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す