オフサイドのルールとは?サッカー初心者にもわかりやすく説明!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 247

「ゴォォォォォォォォォル!!」
WS000001
、、、と思ったらオフサイドでノーゴール。

「なんなの?オフサイドって」

わかります、その気持ち。

サッカーのルールで一番わかりにくいのがオフサイドです。

でも、オフサイドを理解できれば、サッカーがもっと楽しくなるんですよ。

この記事では、オフサイドのルールを説明します。


スポンサード リンク



 

オフサイドポジションとは?

オフサイドのルールを理解するために
まずはオフサイドポジションを覚えましょう。

図で説明したほうが早いと思うので
こちらをご覧ください。
↓(画像はクリックで拡大)

オフサイドポジション

オフサイドポジション

説明を簡単にするために、
のチームが3対3で試合をしているとします。
GKはゴールキーパーの略です)

今、が攻撃しているシーンです。

このとき、ボールをもっているC
Dにパスをすると、オフサイドになります。

なぜオフサイドになるかというと
Dオフサイドポジションにいるからです。

オフサイドポジションとは、
以下3点をすべて満たしたポジションのことです。

  1. 敵の陣内にいる(二分割したグラウンドの敵側エリア)
  2. ボールよりも敵ゴール側にいる
  3. 敵の二番目に後ろの選手よりも敵ゴール側にいる

文字にするとわかりにくいですね。

(3)が特にわかりにくくて、
「敵の二番目に後ろの選手」というのは、上図Aのことですね。
(ちなみに、一番目に後ろの選手はGKです)

簡単に言うと、オフサイドポジションとは、

敵の一番後ろのディフェンダーよりも敵ゴール側にいる状態」のこと。

Dのポジションは
この3点すべてに当てはまっていますよね。

これがオフサイドポジションの概要です。

 

何をしたらオフサイドになるの?

さて、上図でD
オフサイドポジションにいることはわかりましたね。

ここでポイントなのが、Dはオフサイドポジションにいますが、
そこにいること自体は反則ではないという点。

では、どうしたらオフサイドになるのかというと、
オフサイドポジションにいるプレイヤーが
プレイに関与するとオフサイドになります。

「プレイに関与する」とは、

  • パスを受ける
  • GKやゴールポストに当たって跳ね返ったボールをシュートする
  • 敵GKの前に立って、味方のシュートコースを隠す

以上のようなことをすると
「プレイに関与した」とみなされ、
オフサイドの反則をとられるわけです。

 

これだけ覚えておけばOK!

ほとんどのオフサイドは、
オフサイドポジションの選手がパスを受けるケースです。

敵のディフェンダーよりも
前に出た状態でパスを受けると
オフサイドになる、と覚えておきましょう。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す