声がかすれる原因とは?病気?子供は治る?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 257

幼少期、私は声がかすれていました
a0001_016697
大人になる頃にはもう治っていましたが、子供ながらに悩んだ記憶があります。

同じかすれ声といっても、大人の場合は注意が必要ですよ。

この記事では、声がかすれる原因と治療法について紹介します。


スポンサード リンク




声がかすれる原因と治療法

声がかすれる原因は、大きく分けると以下の3つです。

  1. 風邪などの炎症
  2. 声帯ポリープ(声帯結節)
  3. 腫瘍

順番に説明しますね。

(1)風邪などの炎症

風邪や肺炎などで声帯が膨張し、声がかすれます。

マイコプラズマ肺炎で声がかすれる人もいるんですよ。

治療は、まず風邪・肺炎を治すこと。

そして沈黙療法(声を出さないこと)です。

(2)声帯ポリープ(声帯結節)

幼稚園や小学校の先生、歌手、お坊さんなど、
大きな声を出す職業に多いのが声帯ポリープです。

声帯ポリープと似ているのが声帯結節(せいたいけっせつ)。

どこが違うかというと、
声帯ポリープは、声帯の粘膜が内出血して膨らんだもの。
声帯結節は、声帯がペンだこのように膨らんだものです。

声変わり以前の子供に多いのが声帯結節ですが、
子供の場合は自然に治るケースがほとんど。

基本的な治療法は、こちらも沈黙療法です。

大人の場合は手術が必要になることもあります。

ちなみに私は声帯結節だったので、
中学校ぐらいで治りました。

(3)腫瘍

もっとも注意したいのが、腫瘍(しゅよう)です。

声がかすれるのは、
食道がん喉頭がんの症状でもあるんです。

かすれ声に加えて、食べ物が飲み込みにくかったり
体重の減少などがある場合は気をつけてください。

治療には手術が必要となる可能性が高いですよ。

子供は自然に治る!

子供は大声を出して遊びますが、
これが原因で、声帯結節になりやすいんですね。

思えば、私も小さい頃、大声を出しまくっていたし、
そのことを親から注意されていました。

子供のかすれ声は、
変声期を過ぎれば自然に治ることがほとんどです。

過度な心配はしなくても大丈夫ですよ。

私も、小学校の頃はものすごいかすれ声でしたが、
変声期が終わる頃には、声がラクに出せるようになりました。

大人は?

大人で声がかすれる場合、子供とは少し事情が違ってきます。

  • 声帯ポリープ
  • 急性咽喉頭炎
  • 慢性咽喉頭炎
  • 甲状腺機能低下症
  • ストレスによる失声症
  • 肺炎
  • 肺結核
  • 反回神経麻痺(はんかいしんけいまひ)
  • シェーグレン症候群
  • 食道がん
  • 喉頭がん

これらが原因となっている可能性があります。

何か月もかすれ声が続く場合は、耳鼻咽喉科へ行きましょう。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す