運動会 お弁当の定番メニューは?食中毒対策は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 36

運動会シーズンが近づいてきました。
お弁当のメニューは毎回悩みの種ですよね。

この記事では運動会のお弁当の定番メニューと
食中毒対策について紹介します。


スポンサード リンク



運動会 お弁当の定番メニュー

a0001_011445
運動会のお弁当タイムといえば
子どもたちの記憶に残る楽しいひと時です。

私の家では、母が料理好きなので色々と
手の込んだお弁当を作ってくれたんですよね。

いい思い出です。

さて、運動会のお弁当の定番メニューには
以下のようなものがありますよ。

  • おにぎり
  • いなり寿司
  • 太巻き
  • から揚げ
  • ミートボール
  • 卵焼き
  • ウインナー
  • きんぴら
  • しょうが焼き
  • 焼きたらこ
  • アンパンマンポテト

アンパンマンポテトは本当におすすめです。
めちゃくちゃおいしいですし
子供たちに大人気ですよ。
小さい頃から私の大好物です。
↓↓↓

※大人になった今でもアンパンマンポテトは食べています。

ところで、運動会のお弁当が原因で
食中毒になるケースが多い
ということは知っていますか?

事項では食中毒対策を紹介します。

お弁当作りにおける食中毒対策

a1640_000382
お弁当を食べて食中毒になる、、、
そんな事例が毎年報告されています。

運動会ではお弁当が傷みやすいため
特に食中毒が起こりやすいのですね。

運動会を楽しい思い出にできるよう
お弁当作りの段階からしっかりと
食中毒対策をしておきましょう!

食中毒の原因は、ウイルス細菌
お弁当の中で繁殖してしまうことです。

これを繁殖させないようにして
調理段階から気をつける必要があります。

注意点は以下です。

     
  • 手をよく洗う。
  • 傷のある手で調理しない。
  • 盛りつけはなるべく手を触れずにを使う。
  • 酢で弁当箱を拭く。
  • おにぎりはラップを使って作る。
  • 酢や梅干を入れてごはんを炊く。
  • 味付けを濃くする。
  • ゆで卵は前夜ではなく当日の朝作る。
  • 前夜に作ったおかずは当日必ずを通す。
  • 生野菜は極力使わない。
  • よく冷ましてからフタをする。
  • 水分をしっかり取り除く。
  • 作り終わったお弁当を常温で長時間放置しない。

以上の項目はどれも大切ですが
極力盛り付け時に手を触れないことと、
これでもか!」というくらい
しっかりと水分を取り除くことが特に重要です。

それと、基本中の基本ですが
手洗いももちろん重要ですよ!
シュールな「手洗い歌」はこちらです。
↓↓↓

ちょっとしたコツ

img56528370
食中毒対策のためにはお弁当をクーラーボックス
入れておくのが一番安全です。

こちらのクーラーボックスがおすすめですよ。
↓↓↓
⇒送料無料 イグルー クーラーボックス 小型 大容量 キャスター イグロー igloo クーラー ボックス

「クーラーボックスはちょっと・・・」
という人は保冷剤を弁当袋に入れてもよいでしょう。

とはいえ保冷剤は荷物になってしまうので
私がおすすめするのは・・・

色々凍らせて保冷剤がわりにする。

コレです。

例えば凍らせたペットボトルのお茶を弁当袋に入れたり
凍らせた一口ゼリーを弁当袋に入れたり
前日調理して凍らせておいたおかずを入れたり。

色々と手段はあると思うので
試してみてくださいね♪


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す