インフルエンザの特効薬!イナビルの効果と使い方は?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 236

風邪よりもはるかにつらい、インフルエンザ
WS000000
従来、インフルエンザの特効薬といえば、タミフルリレンザと決まっていました。

ところが近年、新たな特効薬の登場に注目が集まっています。

それが「イナビル」です。

この記事では、イナビルの効果、使い方などをまとめています。


スポンサード リンク




イナビルとは?

イナビルとは、2010年に第一三共から発売された
インフルエンザ用抗ウイルス薬です。

引用元 http://www.yakuji.co.jp/entry20952.html

引用元 http://www.yakuji.co.jp/entry20952.html

イナビルはリレンザと同じように、
粉状の薬を口から吸い込むタイプのものです。

イナビル最大のメリットは、
1回だけ使用すれば終わりという点。

タミフルやリレンザは、
1日2回、5日間連続で使用しなくてはいけません。

ですから、使い忘れるおそれがあるんですね。

イナビルは、1回だけ使えばOKなので、手軽ですよ。

タミフルやリレンザと同様に、
イナビルも処方箋がないと買えないので
まずは病院へ行きましょう。

イナビルの効果は?

インフルエンザの新しい特効薬として
注目されているイナビル。

効果には個人差もありますが、
たとえば、以下の実例があります。

全身の倦怠感と、38度の熱が出て、
インフルエンザと診断された成人男性。

寝る前の体温は39.0度

イナビルを使用し、就寝。

翌朝の体温は37.4度

翌々朝の体温は36.6度まで下がり、回復。


とはいえ、イナビルもほかの抗ウイルス薬と同様、
発症から48時間以内に使用しないと、
十分な効果が期待できません。

インフルエンザかな?」と感じたら
すぐに病院へ行きましょうね。

イナビルの正しい使い方は?

最後に、イナビルの正しい使い方を紹介します。

イナビルは1回の使用で終わりですから、
使い方を間違えないよう、注意しなくてはいけません。

イナビルの使い方については、発売元である第一三共が
とてもわかりやすい解説動画を作っていますよ。
↓(再生時間 4分51秒)

ポイントとしては、

  • できるだけ深く息を吸う
  • 薬を吸い込んだあと、2~3秒息を止める

という点ですね。

今回の記事は以上です。

ゆっくり休んで、しっかり治してくださいね。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す