インフルエンザ 予防接種の時期は?いつから効果が出る?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 219

私はここ10年ほど、インフルエンザにかかっていません。
a0002_007563
毎年の、予防接種のおかげだと思います。

インフルエンザの予防接種は、打つタイミングをよく考えなくてはいけませんよ。

この記事では、インフルエンザ予防接種の時期と、
いつからいつまで効果が続くのかをまとめています。


スポンサード リンク




インフルエンザとは?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに
感染することで発症する感染症で、
症状は風邪によく似ています。

A型、B型、C型という3種類のインフルエンザがあり、
A型がよく流行します。

何度も感染するのはなぜ?
普通、1度感染したウイルスには抗体ができるので同じウイルスには2度と感染しません。

ところが、インフルエンザウイルスは
遺伝子の配列を微妙に変化させるため、
何度も感染する人もいるんですね。

インフルエンザ予防接種の時期は?

インフルエンザが流行するのは、例年12月~3月

なぜこの時期に流行するのかというと、
温度が低く、空気が乾燥しており、
インフルエンザウイルスが生存しやすくなるからです。

また、寒いとのどの血管が収縮し、ウイルスの侵入を
拒む能力が低下する
というのも理由の1つですね。


インフルエンザの予防接種は、打ってすぐには効果が出ません

体内に抗体が作られるまでには、
予防接種後2週間ほどかかるからです。

なので、11月下旬~12月上旬あたりに
打っておいたほうがいいでしょうね。

予防接種の効果はいつからいつまで?

インフルエンザ予防接種は、接種の2週間後から効果があり、
持続期間は3か月~5か月程度です。

なので、打つのが10月や11月上旬だと、
3月には効果が切れてしまう可能性があります。

確実に3月まで効果をもたせるために、
12月上旬に打つのがおすすめなんですね。

毎年、寒くなってくるとインフルエンザ予防接種の
予約が殺到して、ワクチン不足が問題になります。

早めに医療機関へ連絡して、予約しておきましょうね。

※インフルエンザと併発しやすい、副鼻腔炎に注意!
⇒副鼻腔炎の症状と治療法は?自然に治る?予防法は?


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

3件のコメント

  • らいむん

    はじめまして。

    最近こちらのブログを知り、頻繁に読ませていただいております。
    私の知らなかった事、知っていても実践していなかったこと、知ったことで、これから、行うと決めたこと。

    大変多くのことに気付くきっかけを頂いております。

    ありがとうございます。

    こちらの記事、インフルエンザワクチンについてなのですが、そもそもインフルエンザワクチンには、インフルエンザを予防、発症しても、その程度を比較的緩和する。

    と言う前提、だとおもいます、。

    以前、少しだけインターネットで調べたのですが、インフルエンザには、ワクチンが効果を発揮しない。

    インフルエンザワクチンの中身は、劇薬が含まれており、薬について学んだ方は、インフルエンザワクチンを接種しない。

    という記事を見ました。

    また、インフルエンザワクチン(特に混合ワクチン)を、接種することで、稀にではありますが、身体に後天的な障害が出る方もいらっしゃいます。

    そういうことを知り、わたしは、インフルエンザワクチンが怖くなりました。

    インフルエンザワクチンの成分は、本当にインフルエンザ予防に有効なのでしょうか?

    ブログ主さんは、薬を扱う専門の方ではない、のだとは思いますが、どうなのかな?

    と、気になり、コメントさせていただきました。

    長文失礼しました。

    • 管理人

      >らいむん様

      コメントありがとうございます。

      インフルエンザワクチンの効果については、らいむん様のおっしゃるとおり、プラシーボ効果(思い込み)もあるかもしれませんね。

      予防接種をしてもインフルエンザにかかる人もいますし。。。

       

      教えていただいたURLのサイトも読ませていただきました。

      予防接種とは、もともと体内には存在しないものを注入するわけですから、インフルエンザワクチンに限らず、リスクがまったくないワクチンは存在しないのではないかと思います。

      予防接種をしてもインフルエンザにかかる人もいますし。。。

       

      あらゆる情報は二次的なものであり、情報操作されている可能性はあります。

      これからのインターネット社会では、私たちが学ぶ、学校の教科書でさえ、もしかしたら情報操作されているかもしれないと、疑う必要がある時代だと、私は感じています。

       

      今後とも、読者様のキッカケになれるような記事を書けるよう、精進してまります。

  • らいむん

    度々になりますが、コメント書き込みさせていただきます。

    もしよろしければ、こちらの記事をご覧いただけましたら幸いです。

    この様な記事は、調べたら幾らでも出て来るかとは思います。
    私には、こちらの記事が分かり易かった為、こちらにアドレスを転載させていただきました。

    http://s.ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11444532869.html

コメントを残す