同棲のメリット デメリットは?幸せな結婚のためには?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 536

ラサー男子の私。
a0002_006984
じつは彼女と同棲していたことがあります。

同棲にはデメリットもありますが、それを上回るメリットがあるんですよ。

この記事では、同棲のメリット・デメリット、
幸せな結婚に繋がる同棲の方法を紹介します。


スポンサード リンク




同棲のキッカケは?

私が同棲していたのは、
大学3年の夏~大学4年の冬までの約1年半です。

大学3年の春に彼女ができて、
付き合って2か月ほどで同棲を始めました。

同棲を始めた理由は、一緒にいたかったのと、
私のアパートから彼女の大学が近かったからです。

「通学がラクになるし、楽しそうだし、同棲してみる?」

と、私のほうから誘いました。

同棲をやめた理由は、私が大学卒業と同時に上京して
地元を去り、遠距離になってしまったからです。

その数か月後、私たちは別れてしまいましたが、
同棲は楽しかったし、今でもいい思い出です。

同棲のメリットは?

同棲には以下のようなメリットがあります。

  • 家賃・光熱費など生活費が抑えられる
  • めちゃくちゃ楽しい
  • 相手のいい部分も悪い部分も知ることができる
  • 家族のように仲良くなれる
  • 結婚できる相手かどうかがわかる

好きな相手とずっと一緒にいられるわけですから、
同棲はとにかく楽しいですよ。

同棲のデメリットは?

一般に言われている同棲のデメリットを見ていきましょう。

  1. 新鮮味がなくなる
  2. ストレスがたまる
  3. 情がうつって別れづらくなる
  4. お金のことでもめる

順番に説明しますね。

(1)新鮮味がなくなる

たしかに、同棲すると家族のような感じになります。

私も、最後は相手がのような存在になっていました。

恋愛というよりも、家族愛のようなものに
感情が変化していったのを覚えています。

(2)ストレスがたまる

1人の時間がなくなるわけですから、
同棲するとどうしてもストレスがたまります。

私は1人で読書したりネットしたりするのが好きなので
同棲中はストレスを感じていなかったわけではありませんね。

(3)情がうつって別れづらくなる

同棲を解消するには、けっこう労力がかかります。

相手を追い出すか、自分が出て行く形になるので、
実家が近くにない場合は新しく部屋を探すわけですからね。

私はそんなことはなかったのですが、別れたあとも同棲を続けていたり、
相手を追い出すのが大変だったという話は聞いたことがあります。

(4)お金のことでもめる

同棲していると、家賃や食費など
生活費の支払いで、もめることがあるようです。

特に別れたあとに、もめることが多いので
お金のことは最初によく話し合っておきましょう。

同棲のデメリットなんて無視!

上記のように、多少のデメリットはありますが、
無視して同棲することをおすすめします。

なぜかというと、以下のような図式が成り立つからです。

■パターンA「同棲してから結婚」

交際開始⇒同棲開始⇒不満なし⇒幸せな結婚!

■パターンB「同棲して破局」

交際開始⇒同棲開始⇒不満あり⇒破局⇒新しい出会い!

■パターンC「結婚してから同棲」

交際開始⇒結婚⇒同棲開始⇒不満あり⇒我慢するか離婚

同棲するとお互いの汚い部分も見せ合うので、
相手の本当の姿を知ることができます。

ですから、幸せな結婚がしたいなら
同棲はしたほうがいいんです。

これから同棲しようと思っているかたに
覚えておいてほしいことがあります。

それは、

「同棲すれば大なり小なり、必ず不満が出る」

という点です。

共同生活では、血の繋がった家族ですら不満が出るわけです。

まったく違う家庭環境の2人が同棲すれば
少なからず不満が出ることは必然ですよね。

重要なのは、その不満が我慢できるレベルかどうかです。

同棲の時点で、「この人とはやっていけない」と
気づくことができたら、それはラッキーですよ。

いきなり結婚して、

「こんなはずじゃなかった」

というのはよくある話ですが、これは不幸な結婚だと思いませんか?

幸せな結婚がしたいなら同棲!

同棲をしなくても、運がよければ幸せな結婚はできます。

ただ、同棲をしてから結婚をしたほうが、
より確実に幸せな結婚ができます。

そこで私がおすすめしたいのは、
同棲の始め方を工夫することです。

同棲の始め方の工夫

同棲は始め方が大切です。

私は以前、ある女性から、
不幸な同棲話を聞いたことがあります。

■ある女性の不幸な同棲話

女性には付き合っていた彼氏がいた。

彼氏はある劇団に所属しており、
そこで出世するため努力していた。

劇団でやっていくにはお金がかかるが、
稽古にも時間をかけたいため
あまりアルバイトで稼ぐことはできない。

そこで彼氏は、家賃を浮かせるため
当時付き合っていた彼女の家に転がり込んできた。

女性は、彼氏が好きだったので
なんとなく同棲を受け入れてしまった。

数年後、女性の気持ちは冷めていたが、
相手の経済状況もあり、なかなか同棲を解消できなかった。

この女性は、気持ちが冷めたままで
その後も数年間同棲を続けていました。

同棲解消後、新しい出会いがあり、
その男性と無事結ばれたそうです。

ここで私が何を言いたいかというと、
同棲の開始時には約束をしたほうがいいということです。

たとえば、

半年間同棲をして、結婚するか別れるか決断する

というような約束をするんです。

同棲=結婚生活のリハーサル」なので、
同棲を始めるなら、それくらいの覚悟をしましょう。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す