証明写真をフリーソフトで自作!画像でわかりやすく説明!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 53

就職活動では履歴書をたくさん書きますよね。
a0002_007732
このとき大量に必要になるのが証明写真です。

写真代もバカにならないんですよね。

この記事で紹介する方法なら、通常700円ほどかかる証明写真が20円ぐらいで作れます。

画像付きでわかりやすく説明しているので、
誰でも簡単に証明写真が自作できるようになりますよ。


スポンサード リンク




必要環境は?

証明写真を自作するために必要な環境は以下です。

  • インターネットに繋がったパソコン
  • パソコンのOSはWindows
  • 写真印刷ができるプリンター

最近のプリンターは安いものでも
写真印刷ができるので心配ないと思います。

※今回紹介するのはWindows環境の方法です。
Macをお使いのかたは恐れ入りますが
別の方法を探してください。

写真を用意する

では、私と一緒に証明写真を作ってみましょう。

まずは証明写真用の写真を用意してください。

白い背景が無難ですから、部屋の白い壁の前で
デジカメやスマホで写真を撮りましょう。

できれば誰かに撮ってもらうのがいいのですが、
三脚があれば自画撮りもできますね。

私は今回、こちらの写真を用意しました。

絵心なくてスミマセン

絵心なくてスミマセン

撮った写真はパソコンに保存しておきます。

フリーソフトをインストールする

写真が用意できたら、次は写真編集用の
フリーソフトをインストールします。

今回使うのは「証明写真をつくろう! フリー版」です。

こちらからアクセスして、
ダウンロード、解凍、インストールしてください。
⇒証明写真をつくろう! フリー版 ダウンロードページ

解凍ソフトはこちらがおすすめです。
⇒解凍ソフト「Lhaplus」

写真を編集する

「証明写真をつくろう! フリー版」を起動して、
さきほどの写真を読み込みましょう。
↓(画像はクリックで拡大)

写真を読み込む

写真を読み込む

今回は履歴書写真を作ることにして、
プリントする用紙サイズは「はがき(102mm×152mm)
必要な証明写真のサイズは「履歴書サイズ(40mm×30mm)
に設定しましょうか。

※用紙や写真のサイズは自由に変更できます。

ほかは初期設定のままで問題ありませんので、
右下の「OK」をクリックします。

次の画面で顔の中心、頭の頂点、あごの頂点を決めて、、、

顔の中心線を決める

顔の中心線を決める

頭の頂点を決める

頭の頂点を決める

あごの頂点を決める

あごの頂点を決める

ファイル」をクリックし、「名前を付けて保存」をクリック。

名前を付けて保存

名前を付けて保存

すると、このような証明写真データができあがります。

証明写真データ

証明写真データ

あとはこれをプリンターで印刷するだけです。

証明写真データを印刷する

いよいよ印刷です。

できあがった証明写真データを開き、「印刷」をクリックします。
insatu

用紙サイズは「はがき
用紙の種類は「写真用紙 光沢」です。

用紙の設定

用紙の設定

※私はキヤノンのプリンターなのでこの設定ですが、
エプソンの場合は「EPSON写真用紙」とか「EPSON光沢紙」だと思います。

写真用紙を買うと、パッケージに
設定方法が書いてあるので簡単ですよ。

ちなみに私はKOKUYOの20枚入りの安いやつを使っています。



これで十分いい写真になるんです♪

写真用紙をプリンターにセットして、印刷開始!

写真 13-09-04 13 01 07

手作り証明写真完成!

印刷するとこのような証明写真ができあがります。

完成!

完成!

ちゃんと切り取りの目印もついているので便利ですね。

私はパスポートの証明写真もこの方法で自作しました。

本当に簡単なので、チャレンジしてみてくださいね♪

あなただけの自己PRを書く方法は、次の記事で紹介しています。
⇒自己PRの書き方 実績がなくてもネタに困らない方法は?例文あり


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す