まぶたがピクピク痙攣する原因は?片側顔面痙攣かも

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 30

私はたまに、まぶたがピクピクすることがあります。
WS000000
あなたは大丈夫ですか?

まぶたの痙攣(けいれん)は、じつはとても重大な障害のおそれがあるんですよ。

この記事では、まぶたがピクピク痙攣する
原因と対処についてまとめています。


スポンサード リンク


眼瞼痙攣と片側顔面痙攣

まぶたがピクピクする原因には以下の2つがあります。

  1. 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
  2. 片側顔面痙攣(かたがわがんめんけいれん)

順番に説明しますね。

(1)眼瞼痙攣

上のまぶたや下のまぶたがピクピクするのは
ほとんどの場合が眼瞼痙攣です。

原因はストレスや疲れ、ビタミン不足などといわれています。

眼瞼痙攣は数時間や数日で治ることが多く、
それほど心配しなくても大丈夫ですよ。

対処法としては、しっかりと睡眠栄養をとり、
ストレス解消し、リラックスすることです。

眼瞼痙攣の場合は、ゆっくりと深呼吸して、
気にしないでいれば治りますよ。

(2)片側顔面痙攣

まぶたがピクピクするとき、注意したいのはこちらです。

片側顔面痙攣は、眼瞼痙攣と初期症状がよく似ているのです。

片側顔面痙攣の症状は以下のように進行します。

  • 上か下のまぶたがピクピクと痙攣する
  • 額や頬が痙攣するようになる
  • 口角が痙攣するようになる
  • アゴが痙攣するようになる
  • 顔が引きつったままになる
  • 片目が閉じたままになる

これらは、すべて顔の片側だけに起こります。

女性に多く、男性に比べ2倍~3倍の確率で発症します。

また、50歳以降に多いとされていますが、
20代や30代でも発症しますよ。

片側顔面痙攣は眼瞼痙攣と違って、
原因がわかっているため手術で治すことができます。

片側顔面痙攣の原因と治療法

片側顔面痙攣の原因は、
血管が脳内の顔面神経を圧迫することです。

ですから、頭蓋骨を切開し、顔面神経に
触れている血管をずらしてあげることで
根本的な治療ができるんですね。

まれですが、血管ではなく腫瘍
顔面神経を圧迫しているおそれもあります。

まぶたのピクピクが顔面に広がっていく場合は
片側顔面痙攣の可能性があるので、神経内科
脳神経外科で診察を受けることをおすすめします。

手術するしかないの?
片側顔面痙攣を根本的に治すには
手術しかありません。

どうしても手術がイヤなら、
ボトックス注射という方法もあります。

ボトックスはボツリヌス菌から抽出した
たんぱく質の一種です。

これを顔面の複数箇所に注射することで、
痙攣を抑えます。

ですが、注射は激痛で、3ヶ月に1回程度、
一生注射し続けなくてはいけません。

さらに、ボトックス注射は表情筋が破壊され、
顔がおかしくなるという副作用もあります。

片側顔面痙攣は命に関わる病気ではありません。

とはいえ、顔が変わっていくのはつらいですよね。

まぶたのピクピクが数週間、数ヵ月と続く場合は、
片側顔面痙攣を疑ってみてもいいかもしれません。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す