部屋探しのコツは?こんな物件を選ぶと損します!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 450

私は今まで3つのマンションで一人暮らしをしました。
a1180_000880
初めての一人暮らしは18歳、大学入学のとき。

大学時代は4年間同じ部屋で暮らし、就職のタイミングで東京のマンションへ引っ越しました。

そこに4年間住んだあと、3つめのマンションへ引っ越し。

この記事では、部屋探しのコツを紹介します。


スポンサード リンク




部屋探しのコツ

部屋探しのコツは、まず優先順位を決めることです。

たとえば、以下のような項目があります。

  1. 場所
  2. 予算
  3. 物件のスペック

順番に説明します。

(1)場所

おそらく部屋探しで一番大事なのは、場所です。

似たような物件でも、場所によって
家賃は大きく違ってきますからね。

特に重要視したいのは駅からの距離です。

私の経験上、徒歩10分以上はきついです。

法律で徒歩1分=80メートルという決まりがあるので、
徒歩10分ということは800メートルです。

しかもこれには坂道や信号、踏切の時間は含まないので、
実際に歩いてみるともっと時間がかかります。

私は2つめのマンションが駅徒歩10分だったのですが
歩くのがしんどかったので自転車を使うようになりました。

3つめのマンションは駅徒歩1分だったので、
めちゃくちゃラクでしたよ。

駅から近いということは、
それだけ通勤時間も短縮されるということですから
少しでも駅近くの物件がおすすめです。

できれば駅徒歩5分以内のところには住みたいですね。

(2)予算

予算を決めないと目移りしてしまい、
部屋探しに時間がかかります。

なので、はじめにざっくりと予算を決めてしまいましょう。

月給の3分の1が家賃の目安といわれています。

たとえば新社会人なら、
大卒の初任給は月給20万円程度ですから、
家賃は6万円~7万円が目安になりますね。

(3)物件のスペック

スペックというのは、仕様性能という意味です。

築年数、木造か鉄筋か、畳かフローリングか、
ユニットバスか風呂トイレ別か・・・。

このあたりも優先順位を決めておきましょうね。

部屋探しで見るべきポイント

部屋探しのときは以下のポイントに注意しましょう。

  1. となりに公園がないほうがいい
  2. 1階やとなりに飲食店がないほうがいい
  3. エレベーターがあるほうがいい
  4. 自転車置場があるほうがいい
  5. 水圧が強いほうがいい
  6. 角部屋のほうがいい

順番に説明しますね。

(1)となりに公園がないほうがいい

私は2つめのマンションが公園に隣接していました。

入居時は「公園があるなんていいじゃん。」と思ったのですが、
これが最悪でした。

なぜかというと、公園で夜な夜な若者が騒いだり、
酔っぱらいがケンカしたりと、うるさくてストレスだったからです。

特に夏場は家族連れや若者の花火がうるさいですよ。
小さな子どもも騒ぎますし。

土日は朝5時から高齢者がゲートボールを始めるので、
ゆっくり寝ていることもできませんでした。

静かな環境が好きで、朝ゆっくり寝ていたいかたには
公園隣接物件は絶対におすすめできません。

(2)1階やとなりに飲食店がないほうがいい

私は2つめのマンションのとなりが居酒屋でした。

そのせいか、夏場はゴキブリが大量に発生しました。

週3回ぐらいのペースでゴキブリを部屋の中で見つけましたからね。

飲食店はどうしてもゴキブリが発生するので、
となりや1階が飲食店の物件は避けましょう。

(3)エレベーターがあるほうがいい

エレベーターはあったほうがいいです。

2階ならまだしも、3階以上になると歩くのがつらいですし、
重たい荷物を持っているときや引っ越しのときが大変です。

(4)自転車置場があるほうがいい

都市部では自転車が便利です。

物件に自転車置場があるといいのですが、
ない場合は近くに有料の自転車置場がないか
探してみてくださいね。

(5)水圧が強いほうがいい

忘れがちなのが、水圧の確認です。

水圧が弱いとシャワーのときかなりストレスがたまるので
物件の内見時に必ずチェックするようにしましょう。

(6)角部屋のほうがいい

一人暮らしするなら角部屋がおすすめです。

両サイドに人が住んでいると騒音が気になりますよ。

妥協は必要

上記の部屋探しのコツやポイントに気をつければ、
いい物件は見つかると思います。

ですが、部屋探しにおいては
「妥協は必要」
ということを知っておいてくださいね。

すべての希望を満たすような物件に
巡り会える可能性はとても低いんです。

どこかしら妥協すべき点が見つかります。

そんなとき大切なのが優先順位なのです。

たとえば私は3つめのマンションを探したときは
絶対に駅徒歩2分以内が条件」と決めていました。

だから、はじめから駅徒歩3分以上の物件は見なかったし、
短時間で物件を絞ることができました。

駅徒歩2分以内が絶対条件だったので、
部屋が狭かったり、自転車置場がなかったり
という部分は妥協しました。

結果的に、大満足の引っ越しができました。

絶対に譲らない条件を決めておくと
部屋探しは簡単ですよ。

あなたにも、素敵な部屋が見つかるといいですね♪


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す