スピード違反!免停を避けるには?点数の仕組みは?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 234

車がないと不便ですから、免停は絶対に避けたいですよね。
a1180_009246
私は昔、スリップ事故を起こしてしまって以来、スピードの出しすぎに注意しています。

とはいえ、気づかないうちにスピードは出てしまうもの。

この記事では、スピード違反による免停を
避けるためのポイントを紹介します。


スポンサード リンク




免停とは?

免停とは「免許停止」のことで、一定期間、
車の運転ができなくなることをいいます。

違反の重さによって、30日~180日の免停期間が科されます。

交通違反には、それぞれ違反点数が定められています。

例えば、一時停止違反は1点、
走行中の携帯電話使用は2点、という具合ですね。

これが累積で6点になると免停になるんです。

「点数が引かれる」は間違い
よく、「点数を引かれる」と言う人がいますがこれは間違いです。

違反点数は減点方式ではなく、累積方式なのです。

何をしたら免停になるの?

免停になったことが1度もない人は、
直近3年間の違反点数の累積
6点以上になると免停になります。

たとえば、一時停止違反は1点ですから、
これを短期間に6回繰り返せば6点となり、
免停になるわけです。

あなたは、

30キロ以上のスピード違反は一発免停

という言葉を聞いたことがありますか?

以下のように、一般道のスピード違反には
大きな違反点数が設定されているんです。

速度超過 点数
50キロ以上 12点(一発免停)
30キロ以上50キロ未満 6点(一発免停)
25キロ以上30キロ未満 3点
20キロ以上25キロ未満 2点
20キロ未満 1点

※高速道路では40キロ以上で一発免停。

以上のように、一般道では30キロ以上の速度超過で
違反点数6点ですから、一発で免停になってしまいます。

ちなみに、累積15点で免許取り消しです。

たとえば、累積3点の状態で50キロの速度超過をした場合は
一気に15点となり、免許取り消しになります。

累積点数を0点に戻す方法

直近3年間の累積違反点数が
6点を超えたら免停になってしまいます。

ですが、救済策がありますよ。

最後の違反から1年間、無事故・無違反でいられれば、
違反点数の累積が0点に戻るんです。

スピード違反と免停には気をつけたいものですね。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す