仮眠の方法は?するべきでない時間帯とは?

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 316

あなたは仮眠をしていますか?
a1640_000217
発明王トーマス・エジソンは1日に何度も仮眠をとっていたんだとか。

ところが仮眠は、やり方を間違えると夜の睡眠の質を下げるおそれがあります。

この記事では、正しい仮眠の方法と、
するべきでない時間帯を紹介します。


スポンサード リンク




仮眠の効果は?

久留米大学の研究チームは、日本のある高校で、
仮眠に関する以下のような実験をおこないました。

同程度の学力をもつ生徒を2つのグループに分ける。

片方のグループは通常通り生活させ、
もう片方は昼休みに15分間の仮眠をとらせた。

これを1ヶ月半続けた。

その結果、仮眠をとったほうのグループは
仮眠をとらなかったほうのグループよりも
明らかな学力向上がみられた。

このように仮眠には、やる気集中力
高める効果があることがわかっています。

あなたも積極的に仮眠を取り入れて、
作業効率をアップさせましょう。

仮眠の方法

それでは、仮眠の方法を紹介しましょう。

  1. ネクタイやシャツの首元をゆるめる
  2. 腕時計やアクセサリーを外す
  3. イスに浅く腰かける
  4. 背もたれにゆったりよりかかる
  5. 首が後ろにガクッとならないよう、胸にアゴをのせる
  6. 手はヘソの下あたりで組む
  7. 深呼吸して眠りに入る

また、仮眠には以下の注意点があります。

  • 横になってはいけない
  • 20分以上寝ない
  • 車で寝るときはシートを倒しすぎない

仮眠するときは横になったり、
20分以上寝たりしてはいけません。

なぜなら、眠りが深くなりすぎて、
起きたあとも眠気が続き、仕事の効率が落ちるためです。

仮眠してはいけない時間帯は?

体力回復に効果絶大な仮眠ですが、
夕方以降はしないほうがいいです。

なぜなら、夜の睡眠の質を下げるおそれがあるからです。

特に19時~21時は、1日のうちで体温がもっとも高く、
仕事効率もあがる活動的な時間帯です。

19時~21時は「睡眠禁止の時間帯」なのです。

この時間帯に寝てしまうと、睡眠リズムが狂い、
夜の眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりします。

帰りの電車は注意!
19時~21時といえば、
帰りの電車のうたた寝は要注意です。

座ると眠くなるので、
立っていたほうがいいですよ。

1分仮眠法とは?

時間がない場合は、仮眠は1分間でも有効です。

これを1分仮眠法マイクロスリープといいます。

方法は簡単で、1分程度、目を閉じて深呼吸するだけです。

ポイントは以下です。

  1. 眠くなる前におこなう
  2. 「脳を休ませるぞ」と意識する
  3. こまめにおこなう

目から入ってくる視覚情報
脳にとって大きな負担となっています。

1分仮眠法はこれを意識的に遮断し、
目と脳を休ませるのが狙いです。

脳を休ませるぞ」と自分に言い聞かせ、
眠くなる前にこまめに目を閉じるのがポイントですよ。

私はよくこれをやっていますが、
けっこう頭がすっきりするのでおすすめです。

電車の中で立ったままおこなうのも有効ですので
積極的に実生活に取り入れてみてくださいね。


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す