メンタル弱い人が精神的に強くなる方法は?迷路を抜け出す思考法

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 241

もし、あなたが「精神的に強くなりたい」と思ってしまっているとしたら。
a1130_000327
それは危険な兆候かもしれません。

あなたは、自分で作り出した思考の泥沼に足をとられているだけなのです。

私の手をつかんで、一刻も早くその泥沼から抜け出してください。

この記事では、メンタル弱い人が精神的に強くなる方法を解説します。


スポンサード リンク



 

メンタルに強いも弱いもない

論理的思考において、非常に大切なポイントがあります。

それは、思考の前提条件が正しいかどうかという点。間違った前提からは間違った結論しか生まれないのです。

 

なぜこんな話をするかというと、「メンタルが弱い」とか「精神的に強くなりたい」という思考は、根本的に間違っているということを説明したいからです。というのも、そもそもメンタルには「強い」も「弱い」もないのです。

 

ところで、あなたはラッキーですよ。

なぜなら、泥沼レースの仕組みにいち早く気づき、無意味な迷路を抜け出すことができるからです。

 

なぜメンタルには強いも弱いもないのか?

「強い」「弱い」というのは、相対的な評価方式。つまり、自分以外の誰かと比較して、あるルールにおいて勝ち負けを決める評価方式です。

たとえば、相撲、ボクシング、マラソン、スキージャンプ、サッカーなどのスポーツ

あるいは、囲碁、将棋、チェス、トランプなどのテーブルゲーム

高校入試大学入試なども、相対的な評価方式です。

 

相対的な評価とは、あるルールのもとで、相手(敵)がいて初めて成り立つ評価

それでは、メンタルの強い弱いを評価するとき、「ルール」と「相手」はどう定義すればいいのでしょうか?

 

…難しいですよね。

たぶん、これって明確に定義できないんですよ。あるいは、定義しようと思っても、人によって定義が違ってくる

人によってルールが違うということは、評価基準が破綻し、消滅してしまうことを意味します。「強い」も「弱い」もなくなってしまうのです。

 

以上が、メンタルに強いも弱いもないということの説明です。

 

それでも精神的に強くなりたいなら

メンタルには強いも弱いもないので、「精神的に強くなる」というのは矛盾した表現にも見えます。

「精神的に強くなる」という目標は抽象的すぎるので、もっと具体的な目標に変換しましょう。

 

当ブログ「ほほう知恵袋」では、人生を変えるための具体的方法を解説しています。

精神的に強くなりたいあなたには、以下の記事がおすすめです。

⇒自分に自信がない原因は?人目を気にせず生きる方法はコレ!

⇒寂しいのは恋人や友達がいないからではない!簡単な解決法は?

⇒後悔しない人生を送る方法は?こんなに簡単!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

1件のコメント

  • 怪盗少女

    生きる意味から順々に読ませて頂きました!あなたのおかげでこれから何か変わって行きそうです☆ありがとうございました(*^^*)

コメントを残す