マイナス思考を改善するには?今すぐできる3つの行動はコレ!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 83

あなたの、そのマイナス思考。改善したいですか?
l_200
それはつまり性格を変えるという意味であり、簡単なことではありません。

簡単ではありませんが、性格を変えることは可能です。

私自身、昔はどうしようもない愚痴男だったのですが、社会人になってから性格を変え、今では愚痴を言わなくなりました。

この記事では、マイナス思考を改善する具体的な方法を紹介します。


スポンサード リンク



 

マイナス思考の原因は?

マイナス思考を改善するために、まずマイナス思考の原因を知っておきましょう。

原因を知ることは、今後のマイナス思考予防のためにも有効ですよ。

 

ほとんどの場合、親の教育(洗脳)が原因で、マイナス思考の人間が育ちます。

 

幼少期の経験は、その後の人生を大きく左右するほどの影響力をもっています。

ポジティブな言葉をたくさん聞いて育った子どもは、プラス思考な大人に。

ネガティブな言葉をたくさん聞いて育った子どもは、マイナス思考な大人に成長します。

 

「どうせ無理だからやめておきなさい」

「○○はしてはいけません」

「現実的に考えなさい」

「お兄ちゃんに比べて、本当にあなたはダメな子なんだから…」

子ども時代に、親からこのような否定的な言葉をかけられ続けたため、あなたは一種の洗脳を受けてしまったのです。あなたは忘れているかもしれませんが、潜在意識に刷り込まれた否定的な言葉は、あなたの思考に今も影響を与えているのです。

 

思えば私の両親も、よく愚痴を言っていました。

私が愚痴を言う大人に育ってしまったのも、それが原因のひとつなのかもしれません。

愚痴をやめる方法はこちらの記事で解説しています。
⇒愚痴を言わない人になる方法は?私も昔は言ってました

 

思考を変える原理とは?

これから、あなたにはマイナス思考を改善する方法を知ってもらいます。

その前に、思考を変える原理を理解しておきましょう。

 

私は以前、こちらの記事で性格を変える方法を解説しました。
⇒性格を変えたい人が5分後から別人になる方法は?私の成功体験!

上記の記事の中で、私は「性格を変えるには思考を変えなくてはいけない」と述べています。

たしかにこれは一理あるのですが、最近になって私は重要なことに気づきました。

「思考と行動は、どちらを先に変えてもいい。思考を変えれば行動が変わるし、行動を変えれば思考が変わる」ということです。

 

そして、これが重要なのですが「思考を先に変えるよりも、行動を先に変えるほうが簡単」ということにも気づきました。

 

わかりやすい例を紹介しましょう。

たとえば、あなたは「いつも笑顔で明るい性格になりたい」と願っているとします。

このとき、「明るくなるためには、考え方をどう変えればいいのかな?」と思うかもしれません。ですが、あれこれ考えるよりも、一瞬で変われる方法があるんです。

もうおわかりかもしれませんが、とにかくいつも笑顔でいるようにすればいいんですよ。いつも笑顔でいれば、脳が勘違いして、「私って明るい性格なんだ!」と思うようになります。

 

ですから、マイナス思考を改善するには、まず行動を変えればいいというわけです。

 

マイナス思考を改善するための行動とは?

それでは、マイナス思考を改善するための行動を解説していきます。

マイナス思考を改善するための行動

  1. 断捨離する
  2. 沈黙する
  3. 忙しくする

順番に説明しますね。

 

(1)断捨離する

断捨離(だんしゃり)とは、ものをどんどん捨てる掃除法のこと。

この言葉もだいぶ有名になったので、あなたも聞いたことはあるかもしれませんね。

 

多くの人が勘違いしているのですが、断捨離は単なる掃除法ではありません。

断捨離は人生を変える思考法でもあるのです。

 

例外もありますが、ものを捨てられない人は、マイナス思考である場合が多い気がします。

なぜ捨てられないのかというと、マイナス思考の人は次のように考えるからです。

「いつか必要になるかもしれない。捨ててしまったことを後悔するかもしれない」

 

ダンシャリアン(断捨離実践者)である私から言わせてもらうと、このような「いつか使うかも」という考えこそ、ゴミ箱に叩き捨てるべきです。

私は数年前から断捨離していますが、ものを捨てて後悔したことは一度もありません

人生を変える断捨離テクニックは、次の記事で解説しています。
⇒片付けられない女性必見!脳の病気でも部屋をきれいにするコツは?

 

(2)沈黙する

マイナス思考の人は、口をひらけばネガティブな発言ばかりしてしまいます。

ネガティブな言葉は、聞く人をイライラさせます。

マイナス思考の人が嫌われるのは、これが原因です。

 

では、この行動を変えてみましょう。

 

方法は簡単。

沈黙すればいいのです。

 

恋人や友達との会話中、不用意に発言せず、聞き役にまわりましょう。

相手の話を聞きながら、楽しそうに相槌を打つのです。

 

では、今から幸せになれる相槌を練習してみましょう。

まず、ニコッと笑顔を作ってください。
↓(こんな感じで)
a0002_009259
笑顔、作りましたか?

※ここで「アホくさ…」と思って笑顔を作れない人は、残念ながら一生マイナス思考のままです。こんな簡単な行動もできないわけですからね…。

 

その笑顔をキープしたままで、以下の相槌を声に出して言ってみてください。

おすすめ!幸せになれる相槌

  • 「いいじゃん!」
  • 「最高じゃん!」
  • 「よかったねぇ!」
  • 「あなたなら絶対できるよ」
  • 「いい経験したね」
  • 「がんばってるね」

会話のときは、こんな感じのポジティブな相槌を打つようにしましょう。

 

でも…」「どうせ…」などの否定的な相槌を打ってはいけません。

 

私の好きな言葉で、「美しい言葉が美しい人生をつくる」というものがあります。

ということは、「ネガティブな言葉がネガティブな人生をつくる」ともいえるはずですよね。

 

(3)忙しくする

やることがなくて退屈だと、人はネガティブなことばかり考えてしまいます。

退屈だから、起こりもしない不安を恐れたり、過去の失敗を後悔したりするのです。

何かに熱中していたら、そんなことを考えているヒマなんてないんですよ。

 

シャネルの創始者 ココ・シャネルは87歳で亡くなりましたが、死の直前まで働き続けたそうです。

仕事が大好きだった彼女は、退屈を何より恐れていたといいます。

退屈になると余計なことを考えてしまい、人は心を病んでしまいます。彼女はそのことを知っていたのかもしれませんね。

 

退屈を避けるために、あなたがとるべき行動は「忙しくすること」です。

 

なんでもいいので、好きなことに没頭しましょう。

  • 読書
  • 映画
  • マラソン
  • ヨガ
  • テニス
  • フットサル
  • ジム通い
  • ボイストレーニング
  • 英会話
  • 日本舞踊
  • 楽器演奏
  • 音楽鑑賞
  • 散歩
  • 料理
  • お菓子作り
  • 掃除
  • お店めぐり
  • 漫画
  • アニメ
  • テレビゲーム
  • オンラインゲーム
  • ボランティア
  • イベント参加
  • 旅行

なんでもいいので、やってみましょう。

 

マイナス思考の人は、こう思うかもしれません。

「習い事なんてやる意味ないでしょ」

「どうせまた汚れるから掃除なんて意味ない」

 

大丈夫です。安心してください。

人生に無駄なものはひとつもありません。

あなたがやることはすべて、あなたの人生にプラスの影響を与えますよ。

 

行動、行動、行動!

以上、マイナス思考を改善する方法を紹介しました。

 

断捨離して、沈黙して、忙しくする。

これら3つの行動は、今すぐにでも始められます。

 

あれこれ考えず、まず手足を動かしましょう。

すぐに行動できるなら、あなたの未来は明るいですよ。

※まだ誰も知らない運気の仕組みを、初公開した記事はこちらです。
⇒運気を上げる方法は?誰も知らない開運の方程式をついに公開!


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す