二日酔いの治し方と対策は?私はこうして治します!

スポンサード リンク


この記事の所要時間: 335

a0002_008023私はポジティブなほうですが、今までの人生で何度か「死んだほうがラクかもしれない」と思ったことがあります。

それは、二日酔いのときです。

二日酔いって、本当につらいですよね・・・。

私はお酒があまり飲めないので、よく二日酔いになります。

この記事では、幾度となく二日酔いから復活してきた私の
二日酔いの治し方」を紹介します。


スポンサード リンク



二日酔いはなぜ起こる?

「そんなもん、を飲みすぎたから二日酔いになるんだろうが!」
という声が聞こえてきそうですね。

(一刻も早く二日酔いを治したい人は次項へどうぞ↓↓↓)

ええ、その通りです。

お酒を飲み過ぎたら二日酔いになります。

でも、二日酔いのメカニズムを理解することで、
治し方予防法も見えてくるんですよ。

簡単に説明しますね。

お酒(アルコール)を飲むと、アルコールは
体内のある酵素の働きでアセトアルデヒドに分解されます。

さらにまた別の酵素の働きで、
今度はアセトアルデヒドが分解され、酢酸になります。

そして最終的には二酸化炭素になり、体外へ排出されます。

このアルコールの分解途中に発生するアセトアルデヒド
とても毒性が強い物質で、これが二日酔いの原因なんです。

アセトアルデヒドを分解する酵素の代謝能力には、
人種遺伝的要因個人差があります。

だから、欧米人よりも日本人はお酒が弱かったり、
お酒が弱い人の親もやっぱりお酒が弱かったりするんですね。

ちなみに私はお酒が弱いですが、
母は一滴も飲めず、父もあまり飲めません。

やっぱり遺伝ですね(笑)

二日酔いの治し方は?

つらい二日酔いを1秒でも早く治す方法を紹介します。

朝起きたら二日酔いだった・・・

そんなときは以下の方法で治しましょう。

  1. 水、スポーツドリンクを飲む。
  2. 何か食べる。
  3. 寝る。

順番に説明しますね。

(1)水、スポーツドリンクを飲む。

体内のアルコールを分解するには大量の水が必要です。

吐き気でつらくても、がんばって水分を多めに摂りましょう。

アルコールの分解には糖分も必要なので、
水よりはスポーツドリンクがおすすめです。

(2)何か食べる。

つらいかもしれませんが、何か食べましょう。

アルコールを分解するにはエネルギーを使います。

二日酔いに効く食べ物は以下です。

  • 味噌汁(シジミ汁は特に有効)
  • カレーライス
  • トマトジュース
  • はちみつ
  • チョコレート
  • 梅干し
  • 大根おろし
  • アロエヨーグルト

私の経験上、シジミ汁の効果はとてつもないです。

二日酔いのときに飲むシジミ汁はまさに
「五臓六腑に染み渡る」感じですね。

(3)寝る。

体力回復には寝るのが一番ですが、
二日酔いのときもやっぱり寝るのが一番です。

食べて、水分を摂って寝ましょう。

二日酔いの特効薬は「水と時間」と言われています。

色々と試してみても、すぐに回復することはありません。

時間をかけて少しずつ良くなっていくものなので
上記の方法に過度に期待してはいけませんよ。

二日酔いを治すには半日潰すぐらいの覚悟が必要です。

二日酔いを予防するには?

二日酔いは死ぬほどつらいですよね。

私も、もう二度と二日酔いにはなりたくないといつも思っています。

(気をつけていても、なってしまうんですけどね・・・)

以下の予防法は有効ですよ。

  • 空腹状態で飲まない。
  • お酒を飲みながら水も飲む。
  • 寝る前に多めの水を飲む。

ポイントは寝る前に水を多めに飲むことです。

飲み会から帰ってきて、ベッドにバタン・・・

と、寝てしまうのではなくて、そこで少しだけがんばって
水をコップ2杯ほど飲んでから寝てみてください。

翌朝、二日酔いになる確率がかなり下がります。

私は寝る前のコップ2杯の水に幾度となく助けられています。

あなたも飲みすぎたと思った日には、試してみてくださいね♪


スポンサード リンク

あなたが好きそうな記事は…


このエントリーをはてなブックマークに追加


ほほう知恵袋の購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す